【メディアキャラバン最前線】女性系媒体で起きていること教えます

ミーハーなわたくしPRウーマンが独自の目線で女性系媒体の編集部でいま起きていること、話題になっていることを発信します。

まず、私がここ2週間でメディアキャラバンした媒体を公開します。
女性系媒体といってもたくさんあるので、本日の記事ではこのあたりの媒体で起きているという認識でご覧いただければ幸いです。

「Ace Can」、「JJ」、「MORE」、「BAILA」、「and GILR」、「クロワッサン」、「RoLa」、「マイナビウーマン」、「mamapress」、「PRESIDENT WOMAN」、「VOGUE JAPAN」、「CREA」、「CHANT」、「saita」・・・e.t.c.

それでは本題です!

【メディアキャラバン最前線~女性系媒体~】
①ママにウケるものは絶対ウケける!?ママ・妊婦向けコンテンツの充実化

独身、働く女性をターゲットに、「恋愛・結婚」「ファッション・美容」「キャリア・ライフスタイル」といったコンテンツをメインにする某有名WEB媒体が今年の4月より「ママ・妊婦カテゴリ」を新設しました。

他にも、20代後半から30代前半の未婚女性をターゲットに、オフィスファッションやコスメを得意とする某人気雑誌はコアなファン層が「妊娠」というターニングポイントに達しているとのことで「新米ママ向け」のコンテツを検討しており、既に「家庭を持つ前に知っておきたい」的なコンテンツを設けています。

ママタレントがインスタグラムで発信する商品が話題になったり、ママ友がコミュニティ化してイベントや習い事を企画するのがトレンドになったりと、「ママにウケるものは絶対ウケける!」という流れがあり、メディアもそれを取り上げる傾向があるように思います。

また、ビジネスよりでは、女性の活躍を応援するという社会全体の動きもママ向けコンテンツ増加に影響しているようです。
「女性活躍推進法」も今年の4月から始動されましたね。
キーワードとして「復職」や「主夫」などが読者の関心を引くようです。

このように、かつてはママをターゲットとしてなかった媒体に変化が起きはじめているのです!

②キュレ―ションサイトに対抗!お勉強系コンテンツの充実化

そもそもキュレ―ションサイトって何だかご存知ですか?
キュレ―ションサイトとは、ネット上の情報を収集し、編集、整理することによって新たな価値を提供し、皆に共有するという、所謂まとめサイトのことです。

最近は特に女性向けのキュレ―ションサイトが増えている印象があります。
例えば「MERRY」、「4meee!」などは、感度の高い一般の読者モデルも情報を発信しており、若い女性から人気を集めています。

女性誌や女性系WEB媒体はこれらに対抗するため、きちんとエビデンスがある、独自取材の、読み応えのある記事をより心掛けていると言います。

こうした流れから、流し読みではなくしっかり読み込むようなお勉強系コンテンツのボリュームが増えているということです。

キュレ―ションサイトが信頼性に欠けるというわけでは決してありませんが・・・
媒体編集部の意地とプライドをかけた結果の表れだと言えます!

いかがでしたか?

編集部スタッフと話していると、こうしたメディアの最新情報はもちろん読者のリアルな声やトレンドなど、面白い情報をいち早く仕入れることが出来ます。
ここがPR会社だからこそできるメディアキャラバンの美味しいところです。

もっとメディアの声が知りたい!そう思っていただけた際は是非一度弊社にご相談頂けますと幸いです。

■PRマガジンを運営しているコミュニケーションデザイン社への資料請求