PULL型営業の秘策=PR

こんにちは。
突然ですが、ターミナル駅近辺で
こんな↓ヤリトリを見たことはないでしょうか?
若いビジネスマン風の男性が、
近くを歩く他のビジネスマンに向かって
「名刺交換させてください、お願いします、良かったら名刺交換を!」と
無理矢理に頼みこんでいる・・・。
あれはどうも「営業マインドを鍛える訓練」らしいですね。
飛び込み営業、PUSH型営業に重きを置いている企業なら
必要な訓練かも知れませんが、
受けるほうにしてみると、迷惑な話かもしれません。
モノやサービスを売る営業には様々なスタイルがありますが、
望んでもいないのに
▼無理に売り込まれる
▼しつこく押し売りされる
というのは「相手から歓迎されない」と誰もが知っているのに、
多くの企業や営業マンがPUSH型営業を続けています。
モノを買ってもらいたい相手の心中に、
「買いたい」というモチベーションが無いのに、
いくらPUSH型営業しても買ってくれることはほぼありません。
もしかするとこのメールを読んでくださっている貴方の会社でも
PUSH型営業を続けていませんか?
先進的な考えをお持ちである、我が社の取引先企業の社長も、
『「買ってください」と言うのではなく、
「売ってください」と言われるようになりたい』との考えをお持ちで、
信念を持った施策の結果、好調に売上を伸ばしています。
つまりは、相手(消費者)の心中に
「欲しいなぁ、買いたいなぁ」というモチベーションを
起こさせることに成功しているわけです。
では、消費者の心中に、「欲しいなぁ、買いたいなぁ」という
モチベーションを起こさせるにはどうしたらいいのでしょうか?


それは、消費者にダイレクトに訴求するのではなく、
マスメディアや第三者を通じて、
貴方が売りたいと考える「サービスやモノ」を継続して好意的に話題にさせることです。
そうなると、否応無しに消費者にもその「サービスやモノ」が認知され、
いつの間にか「欲しいなぁ、買いたいな」というモチベーション発生に繋がるのです。
そんな「世の中で好意的に話題にさせる」というサービスが
我が社が得意とする「戦略PR」です。
サービスやモノ、そして貴方が売らんとするターゲットによってその手法は様々ですが、
様々な案件に関して、臨機応変に対応することが可能です。
我が社では、消費財から無形のサービスまで様々なPRを手掛けていますが、
私の得意な分野・手法を申し上げますと・・・・
○BtoB企業の拡販サポート、企業ブランディング
○無形サービスの拡販サポート、サービスブランディング
○拡販・ブランディングのための、メディア露出できるアンケート調査設計・実施
○記者会見設計から運営(ド派手系から、大人しい系まで)
○自動車関連、ワイン関連、
・・・などです。
東京・六本木におりますので、
興味があれば私までぜひお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です