【PR入門編】メディアプロモートの始め方

最近寒い日が多く、つい社内に引きこもりたくなってしまいます。。。
前回のPR入門編はリリースの作成方法について書きましたので、今回はメディアプロモートについてお伝えします!!

【PR入門編】メディアを惹きつけるリリース作成のポイントとは!?

2016.10.04

始めてメディアプロモートをするとき、誰にどうやって情報提供をすれば良いか悩むのではないでしょうか。私もゼロの状態からスタートし、まだまだ勉強中ですが、日ごろ気を付けている点をお伝えしたいと思います。

ステップ① アプローチする記者を探す~署名記事を活用すべし!~

新聞、ビジネス誌、一部のweb媒体など

新聞、ビジネス誌、一部のweb媒体には、文末によく記者の名前が記載されていることがあります。一般的に「署名記事」を呼ばれるもので、署名記事の多くはインタビューや取材を経た記者の見解が含まれています。つまりその人にしか書けない、その人が書いたことに意味があります。

まずはそこから、記者を探してみましょう。次に、その記者がどの分野を担当しており、今までどんな記事を書いているのか、を自分なりに分析しましょう。
もしアプローチしたい内容と記者の関心分野が合致すれば、情報提供することで、これまでに面識がなくても訪問アポを獲得できる可能性が高まります。

ツイッターやフェイスブックなどのSNS

ちなみに、最近私はSNSもうまく活用するようにしています。例えば、ツイッターのアカウントがある記者は、自己プロフィール欄に「〇〇新聞 ○○部 〇〇担当」と、記載している場合があるため、アプローチしやすくなります。
また、つぶやきから感じ取れるその記者の人柄も、アプローチする際には非常に重要な情報です。

ステップ② 訪問アポを獲得する~粘り強く何度もアタック!話は簡潔に!~

署名記事をみて、実際に記者に電話をかける際は以下のことに気を付けてみて下さい。

・電話をかける時間帯を意識する
・署名記事を読んだことを伝える
・記者の関心分野に合致するようなポイントを簡潔に伝える

電話をかける時間帯を意識する

まず前提として、記者はとても忙しいです。一日中取材に出て社内にいないことも日常茶飯事です。ですが、一度電話して捕まらなくても、何度も粘り強くアプローチしてみましょう。

ただし電話をかける時間にも気を配ってみて下さい。媒体により記者が捕まりやすい時間帯は異なりますが、基本的に午後~夕方にかけてはどの媒体も忙しいため、せっかく記者を捕まえても話を聞いてもらえずすぐに切られてしまうこともあるので、電話をかける際は時間帯も考慮しましょう。

署名記事を読んだことを伝える

いざ記者に電話がつながった場合、まずは署記事名を読んだこと、あなただから情報提供がしたい、ということを伝えましょう。次に紹介する内容から、その記者の関心分野に合致するようなポイントを簡潔に伝えましょう。欲張ってダラダラ話してもポイントが分散してしまうため、わかりやすく簡潔に。相手が興味をもって、質問してきたときに、より深い内容を伝えれば問題ありません。

記者の関心分野に合致するようなポイントを簡潔に伝える

うまくポイントが刺さり、より詳しく知りたいと思わせることができれば、訪問アポを獲得できるはずです。訪問アポが取れなかったとしても、連絡先を訪ね、リリース等を送ることで次につながることも大いにあります。

ステップ③ 訪問する~できるだけ多くの情報を引き出すべし!~

他にどんな情報があれば取材したいと思うか聞く

実際に訪問できた際は、なるべく色々な情報を引き出しましょう。もちろんその場で取材が決まることが理想ですが、取材につながらないケースもたくさんあります。
そのため、他にどんな情報があれば取材したいと思うか、どのような切り口であれば他の記者にも興味をもってもらえるか、などを聞いてみましょう。

その場で記者と良い関係性が築く

ざっくばらんに相談すると、親切にアドバイスをくれる記者さんもたくさんいます。(もちろん空気を読みながらですが)それらの情報を活かして資料を修正してみたり、クライアントに新しい情報をヒアリングすることで、次の取材に繋がるかもしれません。
また、その場で記者と良い関係性が築ければ、その後も心強い味方となってくれるはずです。

いかがでしたでしょうか。

初めての人に電話をかけたり、訪問するのはとても緊張しますよね。私も失敗することはたくさんありますが、失敗を恐れず前に進んでみると必ず得るものがあります!

上記以外にもメディアプロモートのポイントはたくさんありますので、具体的な方法についてはぜひ弊社までお問い合わせください。

【ニックネーム】こみまゆげ
【これまで担当した業界】都道府県、医療、保険など
【趣味】流行ってるもの、ことに手を出す(食・健康・エンタメ系なんでも)
【プチ自慢】どんな犬も懐かせる
■PRマガジンを運営しているコミュニケーションデザイン社への資料請求