信頼関係で決まる!女性誌に掲載され続ける方法

私が一年で一番好きな季節がやってきます。食欲の秋、読書の秋、そしてファッションの秋、賑やかな季節の到来です。最近、担当クライアントより「どんな切り口の情報なら女性誌に掲載されるのか?うちの商品も女性誌で紹介されたい!」という具体的な露出イメ―ジをリクエストされることが多くなりました。女性誌での宣伝は影響力が高く、商品やサービスのイメージ向上にも繋がります。

そこで、女性誌に継続的に掲載される3つのポイントをご紹介したいと思います。

女性誌に継続的に掲載される3つのポイント

■女性編集者に愛されるPRパーソンになる

女性誌のアプローチを行ううえで、まず大切なことは女性編集者から、気に入ってもらうことです。
そのためには、担当している商品・サービスの情報提供だけでは十分ではありません。仕事に直接関係なくても、日頃から女性が喜ぶような流行りのレストランや話題のスポット、ファッション傾向などの情報収集が不可欠で、そうした情報も合わせて女性編集者に提供することを心がけます。

私の場合、グルメな女性編集者のハートを掴むために、その方の好みのレストランや話題のレストランで接待することもよくあります。ランチならば気軽にお誘いでき、短時間で効率的にビジネスの話ができるのでオススメです。また、プライベートで異業種女子会を開催し、ご紹介し合うことで新しい人脈が広がります。私はこうした編集の方との会食の時間を一番大切にしています。会食を通して、相手のメディア担当者に頼られる存在として関係性を構築することで、後のPR活動に大きくプラスに影響してくるからです。

■話題をつくれるPRパーソンになる

トレンドに敏感な女性誌の関心を最も引きつけるのは新製品・新情報ですが、課題になるのが、成熟商品や衰退商品のアプローチ方法です。商品やサービスのPRは企業の魅力を新しく加工し、女性誌の企画、または時流や季節に合わせた上で、ストーリーを生き返らせることや他社には真似できない商品やサービスを打ち出すことが出来れば、女性誌が注目し、取り上げてもらえるチャンスです。

また、女性誌担当は撮影や取材などで多忙な毎日です。プロモートの際は相手の様子を伺いながら、メールや電話で伝わらない情報のみを的確にお伝えすることが大切です。予め、話の要点をまとめておくことが必須です。その他、女性誌は「ファッション」、「美容・健康」、「インフォメーション」と担当が分かれているのが一般的ですが、ファッションやビューティ分野は特にメディアへのアプローチ競争率が高い傾向にあります。ですから、継続してアプローチし続けるとともに、掲載後のアフターフォローや定期的に情報交換を行うことも掲載獲得への近道です。

■手土産を渡す気遣いができるPRパーソンになる

流行りの話題と手土産を持参することで、会話が弾み、場の雰囲気を盛り上げることができます。
ちなみに、私のおすすめ手土産ベスト3は、

1.夢のまた夢「夢のチーズケーキ」
http://www.yumecake.com/
※無添加で砂糖を一切使わないヘルシースイーツです

2.HIGASHIYA「果実チップス」
http://www.higashiya.com/
※和菓子がプロデュースした上品な甘さが幅広い層に人気のチップスです

3. ブルトンヌ「ブルターニュ クッキーアソルティ」
https://www.bretonne-bis.com/
※上質なバターと使った人気の焼き菓子。アソートで数が多いので、人数の多い編集部向き担当商品にプラス手土産を持参することで編集者に好印象を与え、掲載に繋がることもあります。

■まとめ

常日頃から、編集部と情報を共有し、信頼のおけるWIN WINの関係性をつくることが大切です。企業(クライアント)の伝えたいことと、メディアが欲しい情報は異なります。企業発信の情報をいかにメディアが欲しがる情報に変換するための話題の作り方から仕掛け方まで、トータルでプロデュースできるかが、女性誌におけるPR活動の重要なポイントになります。そうすることで掲載の頻度が高まります。このように地道なプロモートを行った結果、タイアップ以外の企画で掲載(女性誌・見開きブランド特集)を獲得した事例もございます。弊社は女性誌掲載に繋げる独自のノウハウと実績があります。

「とにかく女性誌に掲載されたい」
「商品やサービズの知名度・認知度を高めたい」

そんな企業様に弊社のPR活動はオススメです。ぜひ、この機会に気軽にお問い合わせください。

■PRマガジンを運営しているコミュニケーションデザイン社への資料請求