雑誌の攻略方法を伝授!

今回は、雑誌での露出を獲得したい時に使える攻略方法をご紹介させて頂きます。ビジネス誌、週刊誌、女性誌、男性誌など様々な種類がありますが、今回は全てを含めた「雑誌」というくくりでご紹介したいと思います。

雑誌の攻略方法

①雑誌の特徴

雑誌の読者は年代や趣味によって限定されています。また、情報量が非常に多く、何度も読み返され、何人かで回し読みされることもあります。新聞やテレビのニュースに比べると速効性は高くはありませんが、企画の面白さを売りにしています。また、雑誌によっては署名記事があるので、編集者の特定をしやすいという特徴もあります。企画については月刊誌であれば3か月先、早い媒体では半年先まで決まっています。

②アプローチをはじめる前の確認すべき点

雑誌によって読者層や編集方針は異なります。バックナンバーや媒体資料を事前に読み込み、読者層・編集方針・コーナーや連載・取り上げられる記事の傾向・タイトルの傾向・発売サイクル・出版部数を確認しましょう。これらをしっかりと確認することにより、媒体への知識が深まり、媒体にマッチした企画が作れるとともに、編集員と実際にお会いした際にもより深い話が出来るようになります。

③ 雑誌攻略のポイント

実際に雑誌にアプローチをはじめる際のポイントをご紹介させて頂きます。

1、様々な趣味・趣向に応じた業界誌や専門誌もあるので、必要に応じて適切な媒体を選びましょう。

2、企画モノのネタとなりうるテーマについて、データや事例を含めた深い情報提供をしましょう。

3、雑誌は企画を売りとしているため、トレンドを先取りするような提案をしましょう。トレンドに+αの企画や、従来の定説を裏返すような企画がおすすめです。

4、各媒体には校了日があり、校了日前は編集部が忙しくなるので、校了間近は避けてアプローチしましょう。

5、近年、編集部の人数が減少しております。外注のライターに委託していることもあるので、ライターの方も視野にいれてアプローチをするとより効果的です。

6、週刊誌では情報提供をしてから1~2週間後以降、月刊誌では2~3か月後以降に掲載されるのが目安です。雑誌各誌も新しい情報を探しているので、新商品や新サービスの紹介であれば、掲載月を逆算し、情報が古くならないうちにアプローチをしましょう。

④まとめ

以上、雑誌攻略方法をご紹介させて頂きました。しっかりと媒体研究をおこない、媒体の傾向とトレンドにマッチした企画を提案することが大切です。

■PRマガジンを運営しているコミュニケーションデザイン社への資料請求