第三者による情報発信の影響力

こんにちは。
ここ最近、最高気温が20℃を下回る日が続いており、
冬の訪れを感じるようになってきましたが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
寒さにめっぽう弱い私は本格的な冬の寒さに備え、
防寒対策の準備に追われております。
さて、今回は「第三者の影響力」
についてお話したいと思います。


私の話になりますが、
先日、久しぶりに高校の同級生の女の子7人
(「女の子」と言って良いのは何歳まででしょうか・・・。)
と集まる機会がありました。
独身女子が7人も集まるとそれぞれが女性脳を思う存分に発揮し、
次から次へと話が広がります。
「恋愛」 「結婚」 「仕事」 「家族」 など
あらゆる話をしていました。
その中の会話の一つで「これぞ、PRチカラだ!」
と改めて感じる一面があったので、ご紹介します。
それは「まつ毛美容液」の話をしていた時のことです。
会話の内容をまとめると以下の通りです。
●友人がお店にまつ毛エクステを着けに行ったら、
店員さんに自分のまつ毛を切られた。
●まつ毛を切られた友人はショックで
お店を後にしてすぐ、まつ毛美容液を購入しに行った。
購入したのが
“スカルプD ボーテピュアフリーアイラッシュ(まつ毛美容液)”
http://sd-beaute.angfa-store.jp/eyelash_lp/
●まつ毛美容液購入後、一週間程使い続けていたら本当にまつ毛が生えてきた。
●実はこの“スカルプD ボーテピュアフリーアイラッシュ(まつ毛美容液)”、
同級生7人中、4人が実際に使用していることが判明。
●4人ともまつ毛美容液により、まつ毛が生えてきたことを実感していた。
このような会話がありました。
この話を聞いた私は翌日、何の迷いもなく
スカルプD のまつ毛美容液を購入しました!
購入の決め手となったのは下記の2点です。
①友人(第三者)から紹介されたことで商品に対する信憑性が増したから
②商品の効果に期待が持てたから
みなさんも友人(第三者)から紹介され、
つい購入してしまった商品や使用してみたサービスがあると思います。
“第三者による情報発信の影響力”
まさにこれこそがPR(パブリックリレーション)効果です。
第三者(消費者・マスコミ)から取り上げられることで客観性が増し、
商品やサービスに対する信頼度が大きく増す効果が期待できます。
何もしないで第三者(消費者・マスコミ)が取り上げてくれる、
なんて嬉しい話はなかなかありませんよね?
是非!PRに力を入れて商品・サービスをアピールすることを
お勧めいたします!

■PRマガジンを運営しているコミュニケーションデザイン社への資料請求