ユーモラスな広報活動を!

こんにちは!
あっという間に今年も1/4が終わってしまい、
4月に突入してしまいましたね。
4月と言えば、新入社員の入社や人事異動など、
皆様の周りでも、新たな動きがあったかと思います。
私たちPR会社では、
テレビの春の番組改編に伴う番組制作スタッフの特定、
新聞記者の異動といった、メディアの人事情報に尽力しております。
さて、先週の4月1日と言えば、
広報担当者にとって露出が狙える2つの大きなPRテーマがありました。


それは、
1.新入社員の入社式
2.エイプリルフール    です。
1の「新入社員の入社式」
やはり今年も4月2日の情報ニュース番組では、
話題の企業の入社式やユニークな入社式を取り上げておりました。
このテーマは、毎年様々な情報ニュース番組で報道されておりますね。
2の「エイプリルフール」では、
ここ2、3年の間で、色々な企業が、
ユーモア溢れる嘘をついて、再び盛り上がりを見せています。
企業アカウントのtwitter、Fcebookで特設サイトに誘導し、
エイプリルフールネタを公開、WEB媒体が取り上げ、話題化し、個人がSNSで拡散、
情報ニュース番組で、様々な企業のエイプリルフールネタを紹介する。
といった流れが出来ております。
今回は、エイプリルフールに様々な企業の嘘が乱立した中、
突っ込みたくなるインパクト重視のエイプリルフール事例ではなく、
企業の取り組み、理念や事業内容にユーモアを交えて、
しっかり伝えている事例をいくつか紹介します。
■サイボウズ株式会社 
ビジネス向けWebサービスの開発、販売、保守を事業とする企業。
社内情報共有アプリ「サイボウズ」を提供する。
青野社長自身、育児休暇を活用しイクメン社長として、
メディアに取り上げられており、企業としても、柔軟な働き方を推奨している。 
【内容】イクメン養成グループウェア「サイボウズ Office 192(育児)」のサービスを開始。
http://group.cybozu.jp/news/15040101.html
■ボルボ・カー・ジャパン株式会社
スウェーデンの自動車メーカーで、『安全』に対してプライオリティを置いている企業。
2013年には、実際に世界初の歩行者エアバッグを開発し、
車内の人の安全だけでなく、人の安全に対しても注力している。
【内容】ボルボ、世界初の「歩きスマホ対策用エアバッグ」を開発。
http://response.jp/article/2015/04/01/248067.html
■株式会社VSN
IT・情報システム、メカトロニクス、エレクトロニクス、バイオ・ケミストリーといった
分野でエンジニア派遣事業を主力とした人材サービス行う企業。
『エンジニア』派遣だけではなく、昨今の核家族化にともなう
高齢者のみの世帯へ、『園児ニア』派遣サービスの開始。
【内容】園児ニア派遣、はじめます!
http://www.vsn.co.jp/aprilfool/
エイプリルフールでは、ついつい拡散しそうなインパクト重視の
ネタ作りになってしまいがちですが、この3つの事例は企業の取り組み、
理念、事業を念頭に置き、ユーモアを交えながらもしっかり伝えられていると思います。
皆様も来年のエイプリルフールの際には、
チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

■PRマガジンを運営しているコミュニケーションデザイン社への資料請求