テレビに採用される企画とアプローチ方法

こんにちは。
本日は、「番組に採用されやすい企画作りとアプローチ方法」
についてお話し致します。
実際、我々テレビプロモートチームが実践しており、
多数のテレビ露出に繋げている方法です。
それでは、最近の弊社の実績を例にお話しします。
先日ある俳優の方が記者会見を開き、末期のがんであることを明かしました。
かすれた声で舞台を降板する決断に至った経緯を説明し、
目に涙を浮かべながら言葉を詰まらせる姿を見て、私はがんの恐ろしさを感じ、
「自分も検査に行かなければ」という気持ちになりました。


我々は日々のニュースに欠かさず目を通しており、
その俳優の方が会見を開くという情報をいち早く入手することができました。
そして、そのニュースに関連する情報として
弊社クライアントをテレビ露出させることができるのではないかと考えました。
このクライアントとは、「最先端のがん検査」を行っている医療機関です。
我々はいずれ行われる記者会見に向け、「がん」をテーマに各局が
ニュースや特集を組むことを予測。
「がんの早期発見のため、最先端の検査を行える医療機関」として
番組で採用してもらえるよう、その俳優の方のニュースに絡めた企画書を作成。
視聴者の健康意識が高まるような企画になるよう
番組スタッフにアプローチを行いました。
その結果、複数の番組で取り上げてもらう事に成功したのです。
番組が放送したいのは、視聴者を引き付けるインパクトのある映像や、
旬なニュースに関連した話題性のある企画です。
つまり、こちらが取り上げてほしい情報を今起きている「ニュース」と絡めることで
採用の可能性を高めることができるのです。
☆番組に採用されやすい企画=「露出したい情報」×「旬な話題のニュース、番組が好むテーマ」
いかがでしたか。
テレビに採用されるためには、日々のニュースにアンテナを張っていること、
画面の向こうにいる視聴者のことを第一に考え番組スタッフに
アプローチをすることが重要なのです。
皆様もテレビPRをお考えの際は、ぜひ弊社にご相談いただければ幸いです。

■PRマガジンを運営しているコミュニケーションデザイン社への資料請求