地方PRはまだまだやれる!

こんにちは。

暑かった夏もようやく終わろうとしていますが、
みなさん、夏休みはどのようにお過ごしになられましたか?
私は、毎年海外へ行っていたのですが、今年は「燃油サーチャージ」
なるものにバカバカしくなり、国内旅行をすることにしました。
私は3歳ころからこれまで、人生のほとんどを東京23区内で過ごして
きたので、国内旅行といっても、どこが良いのか全くわからず、
ガイドブックを読んでもピンと来ない、
「とりあえず行ってみよう!」
という気持ちで東北方面に行ってみました。
ということで、私は国内旅行にさほど期待はしていなかったのです。
ところが・・・、行ってみると全く違いました。


私は国内旅行にさほど期待はしていなかったのに、
行ってみると全く違いました。
(以下、「たまたま・・・・良かった!!」が続きます。)
たまたま、ガイドブックに載っていた宿に泊まることにしました。
その宿は、地味ながらロビー内に子供プールがあり、子供が泳いでいる間、
親はコーヒーすすりながら、安心して見ていられる。
親子連れの我が家にとっては最高!!でしたが、
現地に行くまでそれを知りませんでした。
たまたま、高速道路をドライブしていて、
「地元産のカツがおいしいカレーがある」
とガイドブックに書いてあったので、SAに寄ってみました。
一見普通のカツカレーが、食べてびっくり!!そのカツはとてもやわらかく、
美味しかったのです。東京で口にしたことがない味でした。後で調べたところ、
地元産の豚肉は、「えごま豚」と呼ばれ、密かなブームを呼んでいるそうです。
たまたま、ガイドブックに載っていたので寄ってみた、
福島県の水族館「アクアマリンふくしま」。
どこにもありそうな水族館と思いきや・・・環境水族館を標榜し、
知る人ぞ知る水族館だったのです。
超巨大水槽の中を鰯の大群、カメ、オットセイが一緒に泳いでいます。
カメが人の近くに寄ってきて、泳いでいるカメをバックに
子供の記念撮影が出来る、等々とても楽しい水族館でした。
東京から車で片道2時間半程度、日帰り可能ですから
もっと話題になってよいのでは?と思いました。
何だか、旅日記みたいになってしまいましたが、
「たまたま・・・」にしては、地方に良いところが多過ぎる、
東京に住んでいる私はなぜ知らなかったのだろう?と思い始めました。
地方に良いところがないのではなく、
地方の良い情報が都心に流入して来ないのでは?
北海道の旭山動物園にしても、確かにおもしろくつくっているので、
ブームになったのでしょうが、それだけでなく積極的な情報発信が
あったからこそ、全国区になれたのではないかと思います。
地方でも、東国原知事の宮崎県やクリスタルバレー構想の三重県など、
PRに力を入れている自治体もありますし、また、最近はテレビで
「頑張る農業」の放映を何度か見ました。
面白いところはもっともっと、たくさんあると思います。
認知度の差は、やはりPRの積極性の差にあると思います。
地方もPRを頑張れば、もっと元気づくでしょう。
PR会社の人間として、機会があれば是非ともお手伝いしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です