イタリア最優秀記者でも悩む事

こんにちは。

先週末、白熱した優勝争いの末、鹿島アントラーズの優勝が決まり、
Jリーグは終了しました。
ですが、日本中のサッカーチームのNO.1を決める天皇杯、世界中
のプロサッカーチームのナンバー1を決めるクラブチャンピオン
カップなど、年末年始はサッカーイベントが目白押しです。
そんな世界中で愛されるサッカーの魅力を伝える記者の1人に
フランコ・ロッシさんという方がいらっしゃいます。
フランコさんは新聞社のデスクを務められ、
イタリア最優秀記者になったこともあるとても有名な方です。
日本では「ほぼ日刊イトイ新聞」の「フランコさんのイタリア通信」
という連載でも有名ですね。
http://www.1101.com/francorossi/
こんな経験豊かなフランコさんでも文章を書く時に
常に難しいと感じていることがあるそうです。


その悩むポイントとは「タイトル」と「書き出し」。
これって私どもがクライアントさんのPRの際に作るリリースと全く
同じです!
どんなに内容が優れたサービスや商品を伝えるリリースでも、
読まれなければ雑誌や新聞、テレビへの露出につながりません。
記者の皆さんに「面白そうだ、読んでみよう!」と思わせるのには
「タイトル」と「書き出し」がポイントになります。
そんなフランコさんが心がけているのは
「シンプルでわかりやすく」と言うことだそうです。
例えば、冒頭にお話ししたJリーグ終了に関するタイトルであれば
「Jリーグが熱戦の末に終了、鹿島アントラーズが優勝、
ジェフユナイテッド市原・千葉J1残留決定!」
とするより
「Jリーグが熱戦の末に終了、鹿島アントラーズ優勝!」
「白熱の残留争い、ジェフユナイテッド市原・千葉J1残留決定!」
とそれぞれ切り分けたほうが言いたい事がわかり易くなります。
一生懸命、リリースを出しているのに雑誌、新聞、テレビの掲載に
つながらないという広報担当者の皆様。
「タイトル」と「書き出し」をシンプルにしてみてはいかがでしょうか。

■PRマガジンを運営しているコミュニケーションデザイン社への資料請求

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です