PRの成果を実感する瞬間とは

みなさんこんにちは。
今年ももう12月。あっという間に年の瀬になりましたね。
皆さんは年の初めに目標を立てますか?

私は毎年細かく立てていたのですが、数が多すぎて途中で目標自体を忘れてしまうこともしばしば。
そこで2015年は「貯金と減量」というシンプルな目標を立てました。
その結果はというと・・・残り1ヶ月に期待というところでしょうか。

(安心してください、仕事はもちろんやり遂げますよ!)

さて、PR・広報を行うときも、必ず目標を立てると思います。
しかし、PR・広報は成果や効果が数値として目に見えにくく、「これは成功なのだろうか?」と疑問に思ったり、「どんな目標を立てたらよいのかわからない」と悩むこともあるのではないでしょうか。

弊社は、基本的に

・メディア露出数
・広告換算額

この2つの項目を、“目に見える目標”として立てさせていただくことが多いです。

その他にも、ご希望に合わせて「ホームページや特定のページのPV/UU数」や「来店数」「認知度調査」などと合わせて、複合的に目標を作成させていただく場合もあります。

もちろん、ただ数多くメディアに取り上げてもらったから成功だというわけではありません。
ですが、様々なメディアで取り上げていただく際に、一貫した情報を発信することで

「あれ、この社長どこかで見たことあるな。その時もこんなテーマだったな」
「このサービス、WEBニュースで読んだな」

という“空気感”を作ることができ、それが非常に重要だと考えています。
そのため、上記の2つを目標として設定させていただいているのです。

また、PRを続けることで

・メディア掲載を見て、別のメディアからの問い合わせが入った
・新卒採用/中途採用の問い合わせが増えた
・メディア掲載を見て、社員のモチベーションが上がった
・メディア掲載を見て、家族が喜んでくれた
・取引先の方から、「見ましたよ!」と連絡をいただくようになった
・お客様から、商品/サービスだけでなく、会社の感想をいただくことが増えた

など、色々な形で成果を実感していただくお声も多くあります。
PR・広報の結果が、実感になった時。
それは、私たちがやりがいを感じる時の一つです。

そんな実感を得たい方。
一緒に来年の目標を立てませんか?
お気軽に、ご連絡ください。

■PRマガジンを運営しているコミュニケーションデザイン社への資料請求