広報塾

自社のSNS運用は大変!?

こんにちは。
暑さもおさまってようやく涼しくなってきました。
最近は夜に暑いと思って薄着で寝てしまい、
朝起きたら意外と寒かった事が多々あります。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は、弊社も自社アカウントで
頑張って運用しております、
企業SNSについてお話ししたいと思います。

すでに運用されてるご担当者様や
もしくはこれから運用しようと考えている方であれば
やはり、何をアップすれば良いのか、
ネタはどうすれば良いのかなど、
コンテンツをどうすれば良いかで悩むことが
ほとんどだと思います。


さすがにアップしている内容が自社の情報や宣伝だけだと、
見ているユーザーも飽きてしまいます。

こうなってくるとユーザー数も伸びてこないので
何か特徴のあるコンテンツが欲しくなってきます。
いわゆるキラーコンテンツです。

とはいえ、コンテンツはなかなかすぐに思いつく
というものでもありませんので、
たくさんの企業SNSのコンテンツを調べていくなか、
いくつか共通点が浮かび上がってきましたので
それをみなさまと共有したいと思います。

ちなみに今回は、企業SNSの中でも重要度が高いであろう
フェイスブックのお話が中心となります。

その前に、まず、最新のフェイスブック成功事例ですが、
下記のフェイスブックが提供している成功事例集が
非常に充実しておりますので、ネタで迷ったときは
いろいろ参考用に閲覧していただくと良いかと思います。

■事業規模、目的、業種、製品、地域などで検索可能
フェイスブック成功事例集

特に事業規模、目的、業種、製品、地域などで
絞って閲覧できるようにもなっておりますので、
ある程度記事を絞ってご覧になることをお薦めいたします。
それくらい事例の数が充実しております。

さて、成功している企業SNSでの
コンテンツで共通している点ですが、
以下のタイプが多いように感じます。

(1)画像で反応をとるコンテンツ
ただ写真画像を載せるだけなく、載せた画像に対して、
「どう思いますか?」や「どれが好きですか?」など
ユーザーにアクションを求めるタイプ。
いいね!だけでなくコメントも集められるところがポイントです。
コメントが集まればコンテンツもかなり活気づいてきますので、
かなり利用価値が高いパターンでもあります。

(2)あるあるネタコンテンツ
いわゆる業界あるあるや地方あるあるなど、
共感を得ていくタイプのコンテンツ。
定番でよくみられるコンテンツでもありますが、
やはりネタとしても「あるある」は面白いですし、
なによりシェアしたくなるコンテンツでもあるので、
取り入れてない方はぜひやってみてはいかがでしょうか。

(3)シェアを呼びかけるコンテンツ
1番に近い形ではありますが、そのままストレートに
「~だったらシェア」と呼びかけるタイプです。
ユーザーのアクションを限定してシンプル化、
他に迷わせる要素をなくしているのがポイントかと思います。

(4)ユーザーを巻き込んだキャンペーンやファンイベント
ユーザーから画像などを応募してもらって、
みんなで採点していくタイプ。
ファンに参加してもらうことで、コンテンツの素材が
自動的に増えていく仕組みになっている所がポイントです。

(5)その道の専門家としてのアドバイス
専門家としてお役立ちアドバイスや情報の提供。
これは単純にユーザーに役に立つコンテンツとなります。

(6)会社やスタッフの地元など、地域に関するコンテンツ
このタイプのコンテンツの有利なところは
自社に全く関係ない話題も投稿できる点でしょうか。
また、息抜き的なコンテンツとしても展開できますね。
いかがでしょうか。

上記以外でもいくつかポイントはありましたので、
コンテンツのネタが切れたなあと思ったら、
先にご紹介した最新の事例集をみて
色々探していただけると幸いです。

またあわせて、弊社フェイスブックページも
担当スタッフ達が一生懸命更新しておりますので、
お時間がある際に、ぜひご覧いただけると嬉しいです。