広報スキル

広報スキル

メディア受けするアンケート調査PRとは?露出を狙うための3つの調査設計ポイント

「アンケート調査PR」とは、その時々に話題となりうるテーマでアンケート調査を行い、リリースにまとめて発信し、調査元として自社の露出を図る手法です。ただ話題になりそうなテーマで調査を行うだけでなく、自社のサービスや商品に紐づく設問を盛り込むことで、サービス・商品の認知度向上やブランディングも狙えます。「アンケート調査PR」を行うにあたり、よりメディア受けする調査を設計する方法をお伝えします。

広報スキル

「広報 < 営業・開発」というパワーバランスをどう変えるか?

突然ですが、タイトルをみてどう思われましたか?「は?なに言ってるんだ!?」と思われた方は、きっと、社内で広報のポジションを確立し、他部署からも頼られる存在なのだと思います。しかし、職業柄多くの企業広報さんとお話をしていると、社内のパワーバランスやしがらみで思うような広報が出来ないと言う方も少なくないようです。

広報スキル

どんな会社でもPRネタは作れる!自社にPRネタがないと思う前にやってみるべき3つのこと。

「うちの会社でもPRをやってみたい!けどあまり発信できる情報やネタは無いかも…」そう考えている広報担当の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、まだ諦めるのは早計です。どんな会社でもPRネタを作ることは可能です。今回は、PRネタ作りの一例をご紹介したいと思います。

広報スキル

カンヌライオンズ国際フェスティバル PR部門受賞!世界が認めるPR事例

「カンヌ国際映画祭」はよく知られていると思いますが、「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(Cannes Lions International Festival of Creativity)」はご存知でしょうか?世界にある数々の広告・コミュニケーション関連のイベントの中でも、エントリー数や来場者数ともに最大規模を誇ります。

広報スキル

想定外の露出を避ける!取材時に押さえるべき3つのポイント!

メディアから取材をされたとしても、確認するべき点を押さえていないと想定外の露出に繋がる可能性もあります。基本的に、放映・掲載・公開されるとその情報を修正することはできません。こんなはずじゃなかった…という事態を防ぐために、日ごろから注意するべき点を3つご紹介します。

広報スキル

自社で広報を始める際にまずやるべき3つのこと

自社の情報を世の中のニュースに合わせて発信させる戦略PR。広告に割ける予算は無いけれど、自社で認知度向上に向けた動きをしたい。PRの重要性は何となく理解できる、うちの会社もPRをやっていきたい、けど一体何から手を付ければ良いのかわからない。今回は、そんな方のためにPRを始めるにあたり、まず何をすべきなのかについて、まとめました。

広報スキル

【PR入門編】プレスツアーにメディアを誘致する方法(ホテル・リゾート施設)

ホテルやリゾート施設から発信するリリースはプランやイベント情報が多く、特にリゾート施設は宿泊者しか体験できないものも多いため、そのまま記事になることはなかなかありません。記事掲載を獲得するためには、実際に一度試泊し、施設の魅力を肌で感じてもらうことが重要です。しかし、メディアも日々忙しいため、紹介できそうなコーナーや企画がない場合、試泊にはなかなか訪れません。そのような時に、メディアに試泊してもらうきっかけを作る方法としてプレスツアーがあります。プレスツアーとは、施設にマスコミを招き、施設や自社の活動内容について知ってもらい、メディア掲載の獲得を目指すものです。

広報スキル

海外PRから学べる3つのPR手法

PR(パブリック・リレーションズ)とはもともとアメリカから入ってきた概念ですが、今は日本に合ったスタイルに変わっています。最近、デジタル化が進む中、アメリカでのPRも大きく変わっており、新しいトレンドや手法が続々と増えています。海外進出を検討している日本企業にとっても国ごとにPRの特徴を調査する必要があります。今回は海外でよく使われているPR手法を3つ紹介します。

ファクトシート作成の3つのコツ広報スキル

企業の特徴や魅力をメディアへ伝える、ファクトシート作成の3つのコツ

自社の商品やサービスの特徴や魅力をまとめる資料を作成するとき、どのような情報を入れますか。会社概要、年表、社長のあいさつ、商品紹介などいずれも正解ですが、よりメディアに興味を持ってもらい露出につなげるためには、資料作成の段階でいくつかコツがあります。今回はそのような情報をまとめた「ファクトシート」を作成する際に入れるべき情報を3つご紹介いたします。

メディア対応TODO広報スキル

PRパーソンの立ち回り・テレビ収録「収録前」「収録中」「収録後」3つの極意!

今回は、テレビ収録の立ち合い時の極意についてお話します。日常の広報業務が忙しく、メディアの露出は獲得したけど、取材の立ち合いはできないという方も中にはいるのではないでしょうか。特にテレビ番組のスタジオ収録は拘束時間も長く、他の業務のとの兼ね合いが大変な媒体だと思います。