広報スキル

広報スキル

海外PRから学べる3つのPR手法

PR(パブリック・リレーションズ)とはもともとアメリカから入ってきた概念ですが、今は日本に合ったスタイルに変わっています。最近、デジタル化が進む中、アメリカでのPRも大きく変わっており、新しいトレンドや手法が続々と増えています。海外進出を検討している日本企業にとっても国ごとにPRの特徴を調査する必要があります。今回は海外でよく使われているPR手法を3つ紹介します。

ファクトシート作成の3つのコツ広報スキル

企業の特徴や魅力をメディアへ伝える、ファクトシート作成の3つのコツ

自社の商品やサービスの特徴や魅力をまとめる資料を作成するとき、どのような情報を入れますか。会社概要、年表、社長のあいさつ、商品紹介などいずれも正解ですが、よりメディアに興味を持ってもらい露出につなげるためには、資料作成の段階でいくつかコツがあります。今回はそのような情報をまとめた「ファクトシート」を作成する際に入れるべき情報を3つご紹介いたします。

メディア対応TODO広報スキル

PRパーソンの立ち回り・テレビ収録「収録前」「収録中」「収録後」3つの極意!

今回は、テレビ収録の立ち合い時の極意についてお話します。日常の広報業務が忙しく、メディアの露出は獲得したけど、取材の立ち合いはできないという方も中にはいるのではないでしょうか。特にテレビ番組のスタジオ収録は拘束時間も長く、他の業務のとの兼ね合いが大変な媒体だと思います。

広報スキル

広報・PRこそ、資料のデザインセンスが重要!

報担当者が日々作成するプレスリリースやホームページ、ニュースレター、パンフレット、など様々な資料や制作物も企業イメージと直結します。ブランディング強化のためにも、企業イメージを崩さないためには洗練されたデザインの力を生かす必要があります。そこで今回はデザインの基礎についてご紹介します。