我が社のヒット商品

商品やサービスの「ヒットの理由」を大解剖!

商品やサービス開発に至った経緯やアイディアを形にするまでの困難にどう立ち向かい突破してきたか…。そして、良い商品を生み出しただけで売れる時代ではない今、世に送り出してからのどのような戦略でヒットと言えるまでに至ったのか、「人」と「企業」の『想い』と『歴史』を知りヒットを生み出すヒントを見つけることのできるコーナーです。

是非、わが社のヒット商品・サービスについて情報を提供したいという方は下記から
わが社のヒット商品・サービスの情報を提供する

我が社のヒット商品

撚糸(ねんし)工場の起死回生を図ったオリジナルタオル「エアーかおる」が1,000万枚の大ヒット商品に

浅野撚糸さんは、衰退産業のV字回復といった切り口で多くのメディアに露出しているが、今回はエアーかおるのターニングポイントすべて関与されている常務執行役員の河合さんにご協力いただき、ここまで多くのメディアに取り上げられるようになった理由について伺った。

オアシススタイルウェア我が社のヒット商品

導入企業500社突破!世界初のスーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」

「ワークウェアスーツ」の購入者は法人だけではない。“365日洗濯機で洗える”という機能性や着疲れしない着心地が在宅勤務時のフォーマルなリラックスウェアにも最適ということで注目を集めていた。今回は「ワークウェアスーツ」の広報・素原さんが対応してくれ、ヒットに至るまでの経緯を様々な角度から伺うことができた。

我が社のヒット商品

4,500商品中、過去最高の売上を記録した「ネッククーラーNeo」そのヒット商品となるまでの道のりとPR戦略

サンコー株式会社の広報部長・﨏さんに「ネッククーラーNeo」が空前のヒット商品となるまでの道のりとPR戦略についてお聞きした。コンセプトがユニーク、世の中のニーズにもマッチしている商品。だから広報としてはあまり苦労しないのでは?なんて思っていたが、話を聞くとその考えを覆される事実や広報テクが存在した

MANARAホットクレンジングゲル我が社のヒット商品

我が社のヒット商品「MANARA ホットクレンジングゲル」がヒットに至るまで

『まだ世の中にない自分たちが心からほしいと思うもの』を商品化し、世の中に送り出すことをモットーとする、株式会社ランクアップ「マナラ化粧品」のヒット商品、MANARA(マナラ)ホットクレンジングゲルについて、広報の小林みか(こばやしみか)さんにその戦略についてお話を伺った。