「PRマガジン」の記事

広報スキル

プレスリリースや営業トークで「強み」を伝えるテクニック

どんな人・組織にも個性や長所は存在します。いわゆる“強み”ですね。基本的に弊社は、この強みを基にプレスリリースを作成したり、テレアポや媒体への訪問を行います。しかし、時にはこの強みがなかなか伝わらないというケースも…。今回はその理由の分類と対策についてご紹介します。

トレンド

広報担当者が気を付けるべき「TOKYO 2020」オリンピック関連ワードの使用は慎重に…

開催準備が急ピッチで進む中、五輪ムードに“便乗”した企画を考えている広報担当者もいるのではないでしょうか。ただ、知っていますか?オリンピック関連ワードやロゴの使用には厳しいルールがあることを。今回は広報担当者が気を付けるべき「アンブッシュ・マーケティング」についてご説明します。

広報スキル

メディア受けするアンケート調査PRとは?露出を狙うための3つの調査設計ポイント

「アンケート調査PR」とは、その時々に話題となりうるテーマでアンケート調査を行い、リリースにまとめて発信し、調査元として自社の露出を図る手法です。ただ話題になりそうなテーマで調査を行うだけでなく、自社のサービスや商品に紐づく設問を盛り込むことで、サービス・商品の認知度向上やブランディングも狙えます。「アンケート調査PR」を行うにあたり、よりメディア受けする調査を設計する方法をお伝えします。

広報スキル

「広報 < 営業・開発」というパワーバランスをどう変えるか?

突然ですが、タイトルをみてどう思われましたか?「は?なに言ってるんだ!?」と思われた方は、きっと、社内で広報のポジションを確立し、他部署からも頼られる存在なのだと思います。しかし、職業柄多くの企業広報さんとお話をしていると、社内のパワーバランスやしがらみで思うような広報が出来ないと言う方も少なくないようです。

広報スキル

どんな会社でもPRネタは作れる!自社にPRネタがないと思う前にやってみるべき3つのこと。

「うちの会社でもPRをやってみたい!けどあまり発信できる情報やネタは無いかも…」そう考えている広報担当の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、まだ諦めるのは早計です。どんな会社でもPRネタを作ることは可能です。今回は、PRネタ作りの一例をご紹介したいと思います。

デジタル

【PR入門編】SNSを活用した採用活動「ソーシャルリクルーティング」とは?

今回はSNSを活用した採用活動「ソーシャルリクルーティング」について紹介いたします。近年、採用活動にSNSを活用する企業が増えており、新卒採用においては専用のアカウントを開設して学生に向けて情報発信しているケースもあります。求職者にとっても、企業HPや採用サイトでは知ることのできない、情報(職場や社員の様子・仕事内容など)をリアルタイムで入手できるため、就職活動を進める上で非常に参考になります。内定が出ている場合、その会社に入社するかどうかを決める最後の一押しになる可能性もあり、発信するコンテンツの内容はとても重要です。

デジタル

SNS上の口コミを素早く分析。ソーシャルリスニングツール5選

ソーシャルリスニングとは、SNSなどのソーシャルメディアから、消費者の投稿データを収集・分析して、自社のブランディングなどに役立てるマーケティングの手法のことです。そしてそのソーシャルリスニングをリアルタイムで行えるツールがソーシャルリスニングツールとなります。

広報スキル

カンヌライオンズ国際フェスティバル PR部門受賞!世界が認めるPR事例

「カンヌ国際映画祭」はよく知られていると思いますが、「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(Cannes Lions International Festival of Creativity)」はご存知でしょうか?世界にある数々の広告・コミュニケーション関連のイベントの中でも、エントリー数や来場者数ともに最大規模を誇ります。

企業・人物PR

女性向けメディアが思わず取り上げたくなる「ダイエット」・「健康」系メディアアプローチ3つのポイント

「ダイエット」・「健康」・「レシピ」ネタの案件を担当することが増え、女性向け媒体にアプローチする機会が多くなりました。そこで今回は、女性ターゲットを中心とする媒体に向けた、上記テーマを切り口にしたPR施策の進め方をご紹介します。