広報塾

見えないサービスのPR方法

こんにちは。
今年もいよいよ押し迫ってまいりました。
皆様、お忙しく過ごされていることと思いますが
お身体だけは壊されないようにご自愛くださいね。
年末を乗り切れば、輝く新年が訪れるのですから。
そういえば、年末になると、一年を振り返る意味で
その年の各種年間ランキングが発表されます。
今回はPRの新しい手法のひとつとして考えられている
ブログについてのランキングに注目してみました。
さて2008年ブログで取り上げられた話題でもっとも
多かったのはどのようなテーマだったと思いますか?


さて2008年ブログで取り上げられた話題でもっとも
多かったのはオリンピックイヤーであったことも起因して
スポーツ関連が多かったようです。
きざしカンパニーが発表した「’08年間ブログ注目話題ランキング」は
以下の通りです。
1位 <北京五輪>女子ソフトボール金メダル
2位 ラスト・フレンズ最終回
3位 小室哲哉逮捕
4位 福田総理辞任
5位 .ホンダF1撤退
6位 北京オリンピック開幕
7位 清原引退
8位 日本シリーズ
9位 EURO2008 スペイン優勝
10位 コードギアス最終回
皆さんも目にすることの多かったニュースが
大半を占めていたのではないでしょうか。
あんなこと、こんなこともあったな、と振り返るには
年間ランキングって侮れないアイテムですよね。
そんな年間ランキングも実はPR手法の一つなんですよ。
例えば、今回のランキングを発表したきざしカンパニーって
一体どんな会社なんだろう?って思う方もいらっしゃいますよね。
ブログやSNS、クチコミ掲示板など、生活者・消費者が織り成す
コンテンツの普及・関心が高まっています。
こうしたCGM(Consumer-Generated Media)がますます拡がっていき、
社会・文化・経済のダイナミックな発展の一翼を担う“メディア”へと
成長していくなかで、そこで語られるコトバもそれ自体の持つ意味が
変化しています。
「いまこの瞬間に、世間で関心のあることって何だろう?」
「それって、どんな感じで語られているのだろう?」
そこできざしカンパニーは、まずはブログから、その1つ1つのコトバを
収集・解析し、今どういう話題がどのような言葉と語られているかを
目に見えるようにしている会社なんです。
このように皆さんがその会社のことを認知していただけるということは
PRの観点からみても多大なメリットですよね
目に見えないサービスの価値を伝えることは簡単ではありません。
形ある商品が流通するわけではなく、その代わりにそのサービスに対する
「評判」が流通するというわけです。
目に見えないサービスのコミュニケーション戦略では
①サービスを「パッケージ化」する
②サービス内容を「伝える場」を作る
③サービスの「受け手」に語らせる
④サービスに従事する「人」を売り込む
この4点を押さえることが重要とされています。
今回の年間ランキングの手法は②に匹敵しますね。
サービスの実体が固定的なものでないことは「強み」にも
なりうるのです。
つまり、絶対的に存在してしまう商品と比べて、「どう伝えるか」
といったコミュニケーションのやり方に幅があり、それだけ工夫
する余地も大きいのです。
皆さんもPRしたいものが目に見えないサービスだった場合は
上記のことを思い出して、工夫していただけたら幸いです。
それでも困ったときは、弊社に相談してみてください。
皆さんが思い出すPR会社のランキングの中に弊社が入っていますように・・・。
今年はこのブログを拝読していただき誠にありがとうございました。
来年も皆さんに喜んでいただけるように社員一同精進してまいります。
このご縁大切にしていきたいと思います。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください