広報塾

「タレントの卵」に注目したインフルエンサーPR

寒く乾燥した日々が続きますね。
今年も例外なく、様々な菌が空中を舞っているようですので
楽しい年末年始を過ごすためにも、これらの菌に感染しないよう
皆様もお気を付けください!
さて、今回は、ある資格が取得できる習い事系のクライアントで
大きな成果が得られたインフルエンサーPRについてご紹介します。
「いまさらインフルエンサーPR?」と思われるかもしれませんが
今回ご紹介するのは、有名な芸能人でも有名ブロガーでもない
「タレントの卵」による事例です。


有名な芸能人やブロガーをインフルエンサーとして巻き込む
取り組みというのは、近年様々な企業が実施しています。
しかし、そういった方たちに自社の商品なりサービスを使ってもらうことに
まずハードルを感じる方も少なくないのではないでしょうか。
実は今回のクライアントもその点で頭を悩ませていました。
そんな時、ある芸能事務所のマネージャーから
「まだ無名だが、これから売り出していきたいタレントがいる。
これから売り出すためにも資格を取りたいので協力してもらえないか」
というご相談をいただきました。
「タレントの卵」たちは、自分をメディアに売り込むために
一つでも多くのスキルや特技を身に着けようと日々頑張っているのです。
こういった経緯をお話しするとクライアントも
「タレントの卵」が資格を取得するまでのサポートを
快諾してくれました。
半年以上、資格取得のサポートをした結果
「タレントの卵」は、その習い事を大好きになってくださり
(意外にもコアなファンが多い)自身のブログで何度も紹介してくれ
これまでのPR施策ではアプローチできなかった層である
ブログの読者からは、「(その習い事に)そんな魅力があったんだ!」
「自分もやってみようかな」などの反応が多数寄せられるようになりました。
また、自身がメディアに出演する際には、必ずといっていいほど
その習い事について触れてくださいました。
そして最近、スポーツ紙の一面をその「タレントの卵」が
飾ることになったときに、習い事の話をする流れで
なんとクライアントの会社についても紹介してくれたのです!
一面での企業紹介は、通常のPRでもなかなか難しいことです。
この「タレントの卵」のおかげで、クライアントは
・今までタッチポイントが少なかった層へのアプローチ
・通常のPRでは難しいメディア露出
をすることできました。
有名な芸能人は、インフルエンサーとして情報発信してくれたときの
効果は絶大ですが、そもそもアプローチするのが難しく、また有名ブロガーは
SNSでの情報発信力は強いがマスメディアでの情報発信はほぼないという
メリット・デメリットがあります。
一方、「タレントの卵」は
・比較的時間もあるため、自分にプラスになると判断してもらえれば
商品やサービスを体験してもらいやすい
・ブログなどでコアなファンがついており、ある程度の反響も見込める
・マスメディアで自身が取り上げられる際、情報を発信してくれる可能性がある
・これから有名になる可能性を秘めており、未来のインフルエンサーとして期待できる
というメリットを持ち、有名な芸能人やブロガーのデメリット面を
カバーできる存在と言えます。
ただし、この「タレントの卵」たちも様々で
誰でも今回のような結果がでるというわけではありません。
やはり、事務所が「これから売り出したい!」と思っている方というのが
ポイントになってきます。
また、インフルエンサーPRに共通して言えることですが
無料で商品やサービスを提供するからといって
企業側から「ブログで必ず記事を書いてくださいね」
「メディアに露出するときは、必ずうちの商品やサービスの
紹介もしてくださいね!」といった強要やヤラセは
絶対にしてはいけません。
こういったやり方で読者や視聴者をだますような
インフルエンサーPRをしていると、いずれ企業自体の
信頼をなくすことになります。
インフルエンサーPRの基本スタンスは
自社の商品やサービスなどを、インフルエンサー自らが
「これは良い」、「もっと多くの人に知ってもらいたい」
「情報発信する価値がある」と思ったら発信してください
というものです。
インフルエンサーPRは上手くいくとその効果は大きいですが
取り扱い注意のPR手法でもあります。
このルールだけは絶対に忘れないでくださいね。