Web PRの立ち位置とは?

こんにちは。
5月も中盤を過ぎ、外を歩くと汗ばむ陽気になってきましたね。
道行く人も涼やかな装いになり、徐々に夏の到来を感じるようになりました。
夏と言えば、花火、祭り、夏フェスと様々なイベントがあり、恋人、友人と出かける機会が増えるのではないでしょうか。
その際、情報収集に活躍するのがインターネットです。
インターネットの普及に伴い、老若男女問わず様々な情報をWebで収集する人が増加しています。
雑誌・新聞とは異なり、わざわざ購入することもなく、必要な情報を気軽に収集できることが最大の武器になっています。
その反面、売上げ減少により休刊・廃刊になる雑誌が多発し、雑誌好きな私としては寂しい気持ちでもあります。


さて、Webを閲覧する人が増加するということは、そこにビジネスチャンスが発生します。
Web PRという言葉は、一般的にはまだ耳慣れていない言葉かもしれませんが、今後更に力を入れて伸ばして行く価値のある、有効なPR手法の1つです。
例えば、プレスリリースポータルサイトの活用がその1つになります。
企業側が発信したい新商品・セミナーなどの情報を、効率よくマスコミ各社へ知らせることが可能になります。
プレスリリースポータルサイトを活用したプレスリリースの配信により、確実に転載されるのは提携サイトです。
例えば、Yahoo!オンビジネスと提携しているプレスリリースポータルサイトの場合は、Yahoo!オンビジネスへ自動的に転載され、人目に触れることになります。
また、プレスリリース配信をきっかけに、ユーザーが情報を発信し形成していくSNS、BLOG、twitterなどのソーシャルメディアに拡散することも高い確率で予想されます。
情報の伝搬力が高いソーシャルメディアは企業によるクチコミ活用、いわゆるバイラルマーケティングにおいて必須であり、安価で効率の良いPR手法として注目されています。
では、PR活動をWeb PRだけに注力していればよいのか、と言われればそれだけでは限界があります。
決められたメディアに対しての露出は、ある程度実現されます。
しかし、本来のPRとは戦略立てて空気(世論)づくりをし、「商品・サービスが必要であるという価値観」を醸成する必要があります。
安価に実施できるWeb PRは、PR活動の入り口に位置し、PR手法の1つとして考えて頂ければ良いかと思います。
本来のPRの効果を最大限に引き出す為には、継続的なPR活動を行い、結果世論を動かすことにより、理想的な効果を得ることができるのです。
御社もPR活動を実施する際は、安価で効率の良いWeb PRをお試し頂き、更に有効的なPR活動を目指す為に、戦略的PRを実施してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください