広報塾

店舗や施設オーナー専用「LINE@」を活用しよう

こんにちは。
花粉や黄砂が飛ぶ季節ですが、いかがお過ごしでしょうか?
私も先週、銀座で買い物をしていた所、
ひどい黄砂に襲われてしまいました。
風が強い日であったため、
おとなしく家に居れば良かったんですが、
買い物は実際に店舗を見てまわるのが楽しいもので、
どうも外歩きがやめられません。
くしゃみがずっと止まらなかったです。
さて、みなさまもご存知の「LINE」ですが、
こちら、世界約1億1000万、国内だけでも
約4500万ユーザーが利用していると発表されました。
(2013年3月現在)
まだ活用されていない企業様にとっては
とても気になるツールであると思います。
とくに、実店舗を展開されている企業様にとっては、
PRはもちろんクーポンやお店のリアルタイムな情報を
配信できるため、マーケティングとしても
とても有効に活用できるツールです。
ただ、この「LINE」ですが、
企業の公式アカウントの開設には月額150万円という、
気軽に踏み込めないコストがかかります。
そこでおすすめなのが昨年末より新たに始まった「LINE@」です。


「LINE@」https://biz.line.naver.jp/ja/
こちらはいわゆる「LINE」公式アカウントの廉価版で、
飲食・小売・アパレル・美容など実店舗である事、
もしくは公共系である事など、制限はいくつかありますが、
月額5250円程度と気軽なコストで運用できるため、
実店舗をお持ちの企業様にはぜひ活用していただきたいです。
特にアパレルなどのお店では、
セール告知で売上が増加したなどの事例も報告されてます。
●セール告知で売上先週比50%増!(LIP SERVICE)
●スタッフもよく使うLINEだからスムーズな導入が実現(EGOIST)
●急な予約キャンセル発生・・・
でも、LINE@で来店呼びかけが可能(JELLY JELLY CAFE)
※LINE@活用事例から引用
(https://biz.line.naver.jp/case/ja/)
特に注目していただきたい点が事例にもあるように、
スタッフもよく使うツールであるという点です。
私も前職がアパレルだったので経験があるのですが、
実店舗におけるPR・販促活動は、
スタッフがツールをよく理解しているという事が
非常に重要なポイントとなります。
現場スタッフがよりうまく活用してくれる可能性があるためです。
こういった点で、もし「LINE」を使っている
スタッフがいるという事であれば、
それは非常にチャンスであると考えます。
ぜひ「LINE@」を開設してください。
また、実店舗はなくとも公共系の読者も同様に挑戦してみてください。
前回も言いましたが、既存のSNSでは効果が出せなかった方でも
まずは利用してみる事から始めてみると
意外とPRやマーケティングの新しい糸口が掴めるかもしれません。
うまく有効活用していただけると幸いです。