広報塾

イベントや記者会見にメディアの誘致を最大化する3つの方法

自社でイベントや記者会見を行う際、メディアには案内状を配信して取材誘致を図る事が一般的です。その際に、より効果的なメディア誘致を行う場合、一体どうする事が有効なのでしょうか。弊社が日頃イベント等へのメディア誘致を行う際に心掛けている事の一部をご紹介します。

①趣旨を明確にし、内容を掘り下げる

メディアは、常に社会の関心度やニュースのインパクト、ニュースの価値を総合的に勘案した上で取材を進めています。
その3つの要素をなるべく合わせる事で、必然的にメディア誘致の確度を高める事が可能になります。従って、イベントの立案をする際には、まずそのイベントにメディアが来る理由を考えつつ、内容を決める事が大切です。
自社の発表する内容やイベントは、その企業の自己満足に近い内容になっていないか、発表する内容は、①どんな影響があって、②どんな部分が新しくて、そして③どのぐらい自社の業界や関連する業種に影響を及ぼしうるのか、この3つをなるべく追求する事が、メディアを惹きつけるポイントです。

②そのイベントや記者会見で出来る事や撮れる画を明快にする。

メディアは、イベントの案内を受け取った際に、その記者会見に行く事により、どんな報道が出来るのかを考えます。そこで、イベント参加でどんなメリットがあるのか、どのような記事が書けて、いかなる写真や映像が撮れるのかなど、イベントの具体的な訴求ポイントを明示する事で、メディア誘致を効果的に進める事が出来ます。なるべくメディア目線に立って、どうすればそのイベントの取材内容に関するニュース価値をより高められるかを突き詰める事で、メディア露出の量や影響力を最大化する事が出来ます。

③案内状をお送りし、電話で記者の反応をヒアリング。参加表明記者にはリマインドも忘れずに。

分かりやすく、キャッチ―な案内状を作成して配信しても、それだけではメディア誘致を最大化する事が出来ません。案内状を作成したら、メディアに電話をしたり、訪問するなどし、案内状に関する関心度合いを確認する事が大切です。この関心のヒアリングは、今後イベントを実施する際の参考にもなります。
また、メディアには、常に多くのイベントの案内状が届くので、イベント直前にリマインドのご連絡を行う事で、より確実なメディア誘致に繋げられます。

いかがでしたでしょうか。
イベント実施の際には自社が伝えたい事とメディアに取材いただける事を明確化し、なるべくメディアの目線に立って「取材にお越しいただければ、こんな話題を報道する事が出来ます」というメッセージを発信する事が大切です。

今回は、弊社がイベント等でメディア誘致を行う際に取り入れているノウハウのごく一部を紹介しました。
弊社では、イベントや記者会見の際も様々なメソッドを活用してメディア誘致の最大化を図っております。
ご用命がございましたら、お気軽にお問い合わせください。