広報塾

「突出したものがないとPRできない」はウソ?!

こんにちは。

暑い夏もあっという間に過ぎ、
気付けば今年も残り3ヶ月となりました。
栗ご飯を食べたり、鈴虫の音が聞こえたり、
秋を感じる日も多くなりましたね。

秋と言えば!「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」など、
様々な呼び方がありますが本日は「行楽の秋」に因んで、
地方自治体のPRについてご紹介したいと思います。

近年、地域間での競争はこれまで以上に激しくなってきており、
地域の魅力を全面にアピールして認知度の向上や観光客の呼び込み、
特産物の販売に繋げていくために自ら、
積極的にPR活動を行っている地方自治体が多くあります。

最近では、「香川県はうどん県に改名します」と
香川県副知事役の要潤さんが宣言したことで話題になった
動画PRはまだ記憶に新しいのではないでしょうか。

こういった事例を見ると、
「やはり、芸能人やご当地キャラクターを使わないと
うまくPRできないのでは?」
と感じる方も少なくないと思います。

ですが、芸能人も起用しない、演出もしないPRで
一目置かれている動画PRがあるのです!

それが、「KAGOSHIMA Energetic Japan」という鹿児島県をPRした
動画サイトです。

この動画サイトは前述した通り、芸能人もいない、音楽もない、
そしてナレーションすらありません。
動画で見られるのは美しい海の景色や夕日、川のせせらぎやセミの鳴き声です。

しかし、そんな自然という素材を全面に打ち出した動画が評価を得ており、
今では海外からも視聴されるほど。

(中でも人気の動画は屋久島のいなか浜で撮影した動画で、
夕日がゆっくり沈み、暗闇になっていく様子を撮影した
約1時間の動画だそうです…。)

このように、これまで他県(他社)が実施してこなかった
取り組みを先駆けて行うことで、
より注目を集められる可能性は広がります。

一風変わったPRを行ってみたい!
差別化できるPRを行ってみたい!
という方は是非一度当社にご相談ください。