広報塾

自社にとって最適なソーシャルメディアは何か

こんにちは。
しっとりとした雨が振り続ける、今日この頃。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
雨の日は洗濯物が乾きにくくて困りますね。
我が家ではいつも梅雨の時期になると、
乾燥機を購入しようかどうかで悩みます。
しかし、いざ購入となるとたくさん種類もあるし、
全部似たような機能だし、何を選んで良いのか分からず、
いつも考えこんでしまいます。
もしこれが洗剤や柔軟剤であれば、
そこまでは悩まないのですが、
高額な商品は、購入にたどりつくまでに
なかなか時間がかかります。
こんな時、自分の購入の決め手になるのが
実はツイッターだったりします。


最近、私の周りでは、
「会社でFacebookやツイッターは始めてみたのだが、、これからどうしよう」
といった内容の相談をまれに聞きます。
更新の手間もかかってしまうので、
アカウントを作ってもそのまま放置というケースもあるようです。
そういった事態を避けるためにも、
重要なのは、ソーシャルメディアを活用する前に、
「本当にこのメディアを活用すべきなのか」
「自社にとって一番の目的は何なのか」
「他にも最適なメディアがあるのではないか」
という点をきちんと考えておく事だと思います。
Facebookもツイッターもコミュニケーションツールですが、
Facebookはページの追加ができるため、
自社のコンテンツを置くことによりファンの獲得も容易になります。
もともとコンテンツを持っている企業であれば、
サイトのページもそのまま利用できるため
ブランディングを目的とした活用にもおすすめです。
一方、ツイッターですが、
こちらは単価が高い商材を扱っている企業であれば、
お客様に購入していただくためのあと押しツールとして、
ユーザーサポート的な利用の方法も効果的です。
弊社はご相談を受けた際に、
ソーシャルメディアも最適なものを選択する、
という事を前提にPR戦略を立てております。
皆様も自社にとって最適なソーシャルメディアは何か
という事を一度考えてみるのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください