広報塾

メディアに会いに行ったは良いけれど、一体何を話せばいいの・・・?

皆さんこんにちは。
今回は、メディアキャラバンについて書きたいと思います。

自社の情報を発信したい時に、メディアの人に会いに行く「メディアキャラバン」を行う事は多いと思います。その際、行くまではいいけれど果たして本当にメディアに情報が伝わっているのか、何か手ごたえが感じにくいと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、メディアキャラバンのコミュニケーション時に組み込むべき3つの要素をお伝えしたいと思います。キャラバン時には、ついつい伝えたい事を一気に話してしまうという人もいるのではないでしょうか。もちろん、こちらがお話をしてメディアのご担当者の方の理解を深めさせることはとても重要ですが、それだけでなく今後のために必要なことを聞くことと、メディアの欲しい情報も提供することが大切です。キャラバン時は、以下の3点を特に心掛けてみてください。

メディアに会いに行ったは良いけれど、一体何を話せばいいの・・・?

①そのメディアの方のご担当領域 ご関心のあるテーマの確認。

お話をする前に、その人がどんなテーマを担当していたのか、どんなテーマに関心があるのかを一度聞くことで、その人の関心に寄せた情報提供をするヒントになります。また、複数のプロモート資料を持っていた場合、どっちの方がそのメディアの担当者に合うか判断する事も出来ます。その会話をきっかけに他の担当の方をご紹介いただくこともあります。
 

②伝えたい事を分かりやすく簡潔に伝える。

テーマの確認が終われば、いよいよ伝えたい内容を伝えます。プロモート資料をもとに話しをすることになると思うのですが、ここで重要なのはメディアの理解度を確認しながら説明することです。説明の前に、「こちらはご存知ですか?」と確認をすることで、スムーズな情報提供ができます。簡潔に、分かりやすく、相手の理解度に気を配りながらキャラバンを行なう事が重要です。

③その媒体に合わせた切り口のご提供。

②を伝えたら、今度はその情報をどう料理するかのヒントとなる切り口を伝えます。それによって、多面的に情報の魅力を伝える事が可能になるほか、記者の方の記事執筆イメージを描かせやすくなります。プロモート資料の他に何個か切り口案を書いた紙を1枚用意すると良いでしょう。

いかがでしょうか、メディアキャラバン時のちょっとした工夫であなたのPR活動の成果も大きく変わってくるかもしれません。弊社では、社員同士が密に連携を取り、情報収集・共有を行なった上でキャラバンを行なっております。
PRにご関心を持ってくださった方はどうぞお気軽にお問い合わせください。