広報塾

PRパーソンの立ち回り・テレビ収録「収録前」「収録中」「収録後」3つの極意!

メディア対応TODO

今回は、テレビ収録の立ち合い時の極意についてお話します。

日常の広報業務が忙しく、メディアの露出は獲得したけど、取材の立ち合いはできないという方も中にはいるのではないでしょうか。特にテレビ番組のスタジオ収録は拘束時間も長く、他の業務のとの兼ね合いが大変な媒体だと思います。

しかし、テレビ収録時の対応は非常に重要なチャンスの場です。
その理由は、

・番組制作のナマの現場に入れる
・メディアリレーションと違ってフラットに会話ができる
・キーパーソンが一堂に集まっている

私は以上の3つの事項からテレビ収録の現場は非常に重要と考えています。
これを踏まえて、収録の際にしておいた方がよいテクニックを紹介したいと思います。

取材を連鎖させるための3つのステップ

ではここからは取材が”連鎖”するために、収録前、収録中、収録後の3つのステップで行うべきことを紹介したいと思います。

①収録前:現場での調整作業

まず、収録前の現場についてです。収録の現場に到着したらその場で一番素早く動くことを意識しましょう。

謝礼金額、契約(著作権、2次使用他)、打ち合わせ時間の確認、出演者の立ち位置の確認、スタジオメイクの有無など確認する事項はたくさんあります。確認事項のマニュアルを用意し一度にまとめて確認するなど、なるべくスタッフの手間をかけないように立ち回ることを意識するとよいでしょう。

②収録中:名刺交換、写真撮影

名刺交換

担当のスタッフはもちろんですが、出演関係者全員とあいさつするくらいの意気込みで臨むと、その場限りでなく、長い目で見て有益な情報交換ができる可能性があります。

収録中は会社を代表して収録に参加している方が何を話しているかしっかり聞いておくことももちろん重要ですが、いかにその裏で交流を広げるか、自分と会社を知ってもらうかという活動にも目を向けて取り組むようにするといいでしょう。

 収録現場は、普段は集まらないキーパーソンが一同に会する非常に重要な機会なので活かせるように立ち回ることを意識してみるとよいでしょう。

写真撮影

また、ぜひおススメしたい事項として、収録風景の写真撮影や共演者との写真撮影しておくと「○○という番組に○○さんとともに出演したというエビデンス」ができるので、事後でホームページで発信したり、今後のメディアリレーションにも活用できたりと非常に有効だと思います。

ここでの注意事項としては、必ず現場のスタッフに情報公開日、収録風景の撮影可否は確認するようにしましょう。出演者、特に芸能人の場合は現場マネージャーに写真撮影、事後使用の可否も聞くことも必須です。

③収録後:お礼メール、資料の送付

お礼メール

収録後に行うべきこととして、みなさんも日頃からお会いした担当者にお礼メールを送っているかと思います。しかし、ただのお礼メールは普段から嫌というほど受けとっています。

そこでメールに直近で再度お会いしたい旨や、お礼のランチなどお誘いなどを入れて送ってみると良い効果がのぞめることが多いと思います。忙しくしているスタッフが多いので、断られることも多くあるかと思いますが、それはそれとして、また接触できた場合は、次回以降アプローチした際の対応によい影響が望めます。

バイク便にて各種資料の配信

収録当日に書籍や資料を準備していても、スタッフがなかなか手が空いてなかったりと渡せないという事はあるかと思います。その際におすすめしたいのがバイク便の利用です。

普通の宅急便と何が違うの?と思うかもしれませんが、宅急便と違ってバイク便は開封率が高いです。もちろん宅急便が空けられていないと言う訳ではありませんが、キーパーソンになればなるほど手元に届く営業資料が多いので効果は大きくなります。

出演の告知

出演する情報をSNSや、ホームページにて告知するというのも非常に重要なポイントです。テレビはリアルタイムで放送を見られたら大変影響力の高いメディアですが、見逃すとなかなか見ることのできないメディアです。事前に出演するという情報や、収録があったという情報は発信しておくのは非常に大事です。

大体の番組では情報解禁日というのが設けられていますので、スタッフに都度確認してから、情報発信するようにするとホームページ上やSNS上に実績として蓄積され、会社や専門家の方々の更なる露出に繋がるでしょう。

最後に

収録の立ち合いはメディアの担当者が制作しているまさに現場に立ち会える貴重な機会です。アウェーな空間なので控えめにしておくのか、これをチャンスと見るかではその後のPRの効果が異なってくるかと思います。

4月は、テレビ番組の改変のシーズンですし、スタッフ間での人事異動があったりと変化が多いシーズンとなっています。しかし、その分の新しい露出のチャンスも多くなる時期でもあります。

私の個人的な話ですが、ここ数日で新番組の収録立ち合いがあったり、3月末の特別番組のゲスト出演立ち合いなど、テレビのメディア露出においてこのシーズンの恩恵にあずかっています。

より良い人間関係を築いて取材の連鎖を起こせるよう意識したテレビ収録にあたってみてはいかがでしょうか。

メディア対応TODO