広報塾

恒例のイベントは「さきどり」で露出を狙う!

こんにちは。
最近毎日オフィスから外に出た瞬間、
「寒っ!!」と思わず口にしてしまう時期になりました。
早いもので今年も残すところあと1ヶ月。
クリスマス、お正月、成人式などと、
年末から年明けにかけてイベントがいっぱいです!
考えただけで楽しい気分になってしまいます。
イベントといえば、季節のイベント事に絡めるPR手法は
各メディアでもよく目にします。
季節のイベント以外にも、4月には新入社員研修、
10月以降には就職活動などと、
メディアが毎年恒例で取り上げている話題もあります。
これらに絡めるPR手法は非常に有効ではありますが、
どの企業もそのタイミングを狙うため、
どうしても競争率が高まってしまうんです。
そこで、今回はそれらのイベント事に絡めた
メディア露出を成功させるためのポイントをお話します。
それはズバリ、「さきどり」です。


一言で「さきどり」といっても、
単純に早めにメディアアプローチを開始する
というわけではありませんよ。
仮に、「大学受験生のためのボールペン」のPRを
例に考えてみます。
私だったら、この商品のメディア露出を狙う時期は、
夏です。 「さきどり」です。
少し早いような気もしますが
大体の高校3年生が部活を現役引退する8月頃から、
受験生の話題が徐々に増え始めます。
まだ受験生の話題がさほど多くない
この時期を狙うことで競争率も冬ほどは高くなく、
露出を獲得することでPRの初速をつけることができます。
その後は、秋には模試があり、
センター試験の出願があり、受験勉強が本格化し、
センター・一般入試当日、合格発表まで。
「大学受験」といっても、
入試本番の時期の1月~3月だけでなく
受験勉強開始の時期から考えると実に
長期間メディア露出を狙うことが可能なのです。
また、受験が本格化する冬になった頃、
夏にメディア露出した記事を見て、
メディアから取材依頼が入ることもあります。
特にテレビは、過去の新聞や雑誌の記事を
企画のネタにすることが多いんです。
受験生向けのサービスではありませんが
実際に、弊社のクライアントでも
世間での話題を少し「さきどり」し、
7月に全国紙で取り上げてもらった記事がありますが、
それを見たというメディア関係者から、
いまだに取材の問い合わせが来ています。
「さきどり」をしたメディア露出によって
PRの波及効果も生まれてくるんですね。
これからは、「節電」、「バレンタイン」、
「インフルエンザ」、「卒業」、「新入生・新入社員」、
もう少し先には、「花粉」、「紫外線」
などといった言葉がキーワードになってくるでしょう。
このメルマガをご覧の皆さんも
世の中の出来事を少し「さきどり」したPRをぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください