広報塾

社内のスペシャリストをPR

スポーツの秋ですね。
野球のクライマックスシリーズ、サッカー、ゴルフ、ラグビー、アメフト、テニス
体操、駅伝など、各スポーツが盛んなシーズンになってきました。
スポーツ好きな私としては、非常に楽しみの多いシーズンです。
個人的には、プロスポーツもさることながら、学生アマチュアスポーツが大好きです。
ところで、学生アマチュアスポーツで注目を集める大会といえば、
「全国高校野球選手権大会」と「東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」が
広く一般に知られています。
いずれもTV中継が行われ、春や夏、お正月の風物詩にもなっている大きな大会です。
世間の注目度も高いこれらの大会は、全国ネットのTV中継以外でも
スポーツニュースのほか、一般的な社会ニュースとしても取り上げられます。
本大会に出場し、露出されることによるPR効果は非常に大きく、
学校のブランディングに多大な影響を与えています。
そこで、スポーツ推薦制度などで秀でた学生を集め、主要な大会で好成績を残し、
認知度を高める学校の運営は、もはや誰もが知る手法となっています。
一部のスペシャリストな学生たちがPR・広報の一役を担っているという構図ですね。
PRとしては非常に分かりやすい戦略です。
さて、一般の企業や団体でも同様なPR戦略が取れないか、と考えてみます。
うちにはそんなスターはいないとお考えでしょうか。


しかし、企業や団体にはその道に秀でた「スペシャリスト」が存在するものです。
例えば、類いまれな技術を持ち合わせた社員、ヒット商品を開発したスタッフ、
売上ナンバーワンを誇る営業マンなど、巧みの技を持った「知られざるスペシャリスト」がいるかも知れません。
そのスペシャリストを御社のPRに活用しない手はないでしょう。
是非、身近にいらっしゃる隠れたスター選手を、積極的にアピールしましょう。
御社の認知度向上やイメージアップに、大きな役目を担うかもしれませんよ。
また実際には、社内の方では気が付きにくいスタッフが、いらっしゃるかもしれません。
我々は。客観的なPR目線で人物をサポートさせていただくこともよくあります。
ご興味ございましたら、ご相談くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください