広報塾

長所を活かし第一人者を目指せ!!

こんにちは。
今回は、企業の代表に取材を殺到させる、
ポイントについて書きたいと思います。
日々の広報活動の中で、
企業の代表がスポークスマンとして、
メディアに登場していく重要性を感じています。
メディアにたびたび登場する有名な人といえば、
みなさんもユニクロ柳井会長を思い浮かべるでしょう。
2010年5月15日のNHK「追跡AtoZ」でも取材をされていました。
上海に過去最大のグローバル旗艦店を開いたユニクロが、
今後どのように海外展開を行っていくのかをメインテーマにした内容です。
では、中小企業の代表がメディアから注目され、
取材依頼が舞い込むようになるには何をしたらよいのでしょうか。
中小企業の代表もユニクロ柳井会長と同じように、
やり方次第でメディアから取材を殺到させることができます。
後半では、事例を交えて中小企業の代表がメディアから注目され、
取材を殺到させるポイントを説明します。


中小企業の株式会社スズノブにはテレビ・ラジオ、雑誌、新聞など
あらゆるマスコミの取材が殺到しています。
なぜ、メディアを誘致できるのでしょうか。
理由は簡単、米といえばスズノブの西島社長という
イメージが確立できているからです。
実は、スズノブの社長西島豊造氏には肩で米を計る特技があり、
その特技をテレビで披露したことがあります。
その時に、西島氏が米に関する知識を分かりやすく答えられ、
お客さんとの日々のコミュニケーションからお米のトレンドまで予想できる人と、
メディア関係者に知られました。
それ以来、「お米の企画ならスズノブの西島氏」と図式ができています。
その他にも、「農業に取り組む若者なら藤田志穂氏」、「居酒屋ならワタミの渡邉氏」、
「相撲評論家ならデーモン閣下」など様々な例があげられるでしょう。
「○○と言えば●●社長」とイメージが付けられれば、
番組スタッフ・記者が○○という内容で企画を考えた際に、
●●社長の名前が一番に浮かびメディアから取材依頼が舞い込みます。
中小企業の代表がメディアから注目され取材を殺到させるには、
社長の特長を利用して○○といえば●●社長というイメージを創ってしまえばいいのです。
皆さまも代表の特長を活かして○○といえば●●社長という、
ある特定のカテゴリーの第一人者を目指してみてはいかがでしょうか。
それではまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください