広報塾

PR価値を見直してみませんか?

こんにちは。
さて、ここのところ気温が下がり、
猛暑から一転して秋になった感があります。
季節の変わり目には体調を崩しやすいのですが、
皆さんも風邪などひかれないよう、ご注意ください。
さて、私たちは先日、休止することになった展示施設の
PRをお手伝いしていました。
最終日にはセレモニーが行われ、「蛍の光」が流れる中で、
職員が手を振り、シャッターが下りる、感動的なフィナーレでした。
さて、私たちは通常、何か新しいものが始まるときにPRを行います。
そのため、このようなフィナーレのPRをすることは珍しい体験でした。
その中で気づいたこともありました。


休止することになった展示施設では、
最後の企画展でどのような展示するかを検討し、
それまでの歴史を振り返る特別展を行うこととなりました。
その中で、施設の中で今まで公開してこなかった部分を公開する
バックヤードツアーなどの企画も実施しました。
この企画はヒットし、多数の参加申し込みがありました。
これは、それまでの歴史を振り返る中で、
新たなPR価値を発掘できた事例だと言えます。
このような「PR価値」の見直しという作業は、
企業などでも、何かのタイミングがない限り、なかなかできないことです。
それでも、「PR価値」の見直しの作業は、
意識して、定期的に行うべきだと思いました。
それにより、PRの可能性が広がるからです。
もしかしたら、PR力が高い会社というのは、
自社のPR価値を常に探求し続けている会社なのかもしれません。
私も、クライアントのPR価値を探求し続けていきたいと改めて思った
そんな、今年度上半期の最後の日でした。
今週から今年度下半期となる会社も多いかと思います。
皆さまもこの期に自社の「PR価値」を見直してみるのはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください