広報塾

日本語版がスタートした「Pinterest(ピンタレスト)」をどう使うか

こんにちは。近頃はめっきり寒くなってきましたね。
こう寒いと色々身体の調子も崩れがちになるので、みなさまも体調にはくれぐれもお気を付けください。

さて、以前にも少しお伝えしている米国発の画像共有SNS「Pinterest」(http://pinterest.com)ですが2013年10月に日本法人が設立され、11月より待ちに待った日本語版がスタートいたしました。
2012年の5月に楽天からの出資を受けて以来の大きな動きとなっているようです。
これにより、今まで言語がネックになっていたユーザーも参加できるようになったため、いよいよ本格的にスタートという所までやっと来たような気がします。

そこで今回は「Pinterest」を実際にどう使うかという事を考えてみたいと思います。

まずは「Pinterest」について、簡単に説明致しますと、ネット上のピンボードに自分のお気に入りの写真を貼り付けて、その画像を他のユーザーと共有出来る画像共有SNSです。
この画像にはリンクが設定できるので、画像と関連しているページにジャンプする事が出来るのです。
日本ではまだまだ利用ユーザーも少ないですが、海外では最速成長のソーシャルネットワークと発表されています。

特に女性ユーザーには人気があります。

さて、この「Pinterest」を実際にどう使うかですが、一番簡単な方法としては、
自社の商品画像をそのまま流用する事だと思います。
ただし、全部そのまま使用するのも労力が勿体無いですし、せっかくなのでここは「Pinterest」のおしゃれなイメージを利用して、狙ったターゲットが好みそうな商品を選別し、自社サイトとは違った見せ方、自社サイトでは出来ないような見せ方でブランド展開するのも良いと思います。

そういった例では下記の楽天市場のPinterestページが参考になるかと思います。

■楽天市場のPinterestページ
https://www.pinterest.com/rakutenjp/

ご覧になってみていかがでしょうか。上記のページでは、本家楽天市場のサイトと比べてずいぶん洗練されたイメージが見受けられたのではないでしょうか。このように自社サイトとは違った見せ方、自社サイトでは出来ないような見せ方で展開するのもPinterestの活用法としては有効であると考えます。

この機会にぜひ「Pinterest」を利用してみてください。
今までとは違った新しい突破口が開けるかもしれません。
有効活用していただけると幸いです。