広報塾

「恋愛工学とは、広報工学でもある」~ホリエモン絶賛書籍から広報スキルを学ぶ~

みなさん、こんにちは
突然ですが、このメルマガを書いている筆者は未婚男性です。

そんな中、いわゆる恋愛指南本として、未婚男性の市場(マーケット)に、
進撃している巨人(書籍)がいます。
その書籍の名は、「ぼくは愛を証明しようと思う」です。
(http://www.gentosha.co.jp/book/b8895.html)

女性にモテない26歳の主人公が、「恋愛工学」なるものを駆使し、
女性にモテまくるという小説(フィクション)です。
この書籍は下記の観点からも、注目されていることがわかります。


■売れ行き好調
 - 6月下旬の発売開始からわずか半月で4刷(3万5千部、朝日新聞より)

■著名人からの絶賛の声
 - ホリエモンさん(実業家)
  → モテない大学生のときに読みたかった!!!
 - はあちゅうさん(作家)
  → 女性が読むと男性の手の内がわかる!!
 - 中山祐次郎さん(外科医)
  → 医者が患者と向き合うコミュニケーション論としても素晴らしい。

そんな中、推薦者の一人として挙げられている、
田端信太郎さん(LINE株式会社 上級執行役員)の推薦文が
興味深かったです。

「営業マン必読。恋愛工学とは『営業工学』でもある」

筆者は、この言葉を聞いて「ピン」と来るものがありました。
下記のような仮説を立てられるのではないかと。

「広報マン必読。恋愛工学とは『広報工学』でもある」

今回は恋愛工学における、2つのスキルを筆者が広報の仕事に応用。
その実験結果をレポートします。

■2つのスキル(恋愛工学=広報工学)

【1】 所要時間を伝えて相手と交渉
【2】 相手の評価されていない部分を評価

ちなみに、筆者の後輩の男性社員(20代未婚)が、
この本を神妙な面もちで読んでいました。
番外編では、彼の「恋愛工学」の実践結果についても、
レポートしようと思っています。

■「恋愛工学=広報工学」の2つのスキル

【1】所要時間を伝えて交渉
 恋愛工学 → あらかじめ所要時間を伝えて、女性と交渉(いわゆるナンパの時)
広報工学 → あらかじめ所要時間を伝えて、記者と交渉(面談のアポ獲得の時)

■解説
この書籍では、女性との交渉(いわゆるナンパですね)において、
予め所要時間を伝えることで、承諾を得られる確率が上がると指南。

書籍内容から考えると、
「10分で構わないので、お茶しませんか?」などでしょうか。
主な理由は、長時間拘束されないという安心感を持ってもらうため、です。
(しつこく付きまとわれたり、ダラダラ話をされたりしても迷惑ですよね)
その結果、ナンパの成約率が飛躍的に向上すると説いています。

早速実践(ナンパじゃないですよ)。

あるマスメディアとの面談のアポイントを、獲得するまでの過程を紹介します。

■筆者とマスコミとの会話(電話にて)

筆者  : 「(情報提供するネタ)について、お話してもよろしいでしょうか?」
マスコミ: 「ごめんなさい、いま忙しいんですよね」
筆者  : 「3分だけで良いです」
マスコミ: 「(ため息まじりに)用件は」
筆者  : 「(ネタを一通り紹介した後に)、面談のお時間をいただけませんか」
マスコミ: 「(迷惑そうに)さっき言った通り、忙しいんですよ」
筆者  : 「では、面会時間は15分だけいいです。
       つまらないと判断したら、席を立っていただいて構いません」
マスコミ: 「じゃあ、15分だけですよ(面談承諾)」

実際に、そのマスコミの方との面談したのですが、
その所要時間は1時間でした。
(相手からの質問に答えていたからです。相手の意思ですよ)

その後、見事に掲載を獲得できました。

「所要時間を伝えて交渉」。

広報活動において利用価値がありそうです。

―――

【2】相手が評価されていないところを評価
恋愛工学 → 外見を評価されている女性には、外見以外を評価
広報工学 → 仕事を評価されている記者には、仕事以外を評価

■解説
相手が普段評価されてないところを、評価することが重要と説きます。
書籍の主人公が、自身の身の丈に合わないパーティー(お金持ちが集合)に
参加した時のこと。

著名モデルの気を引こうと、男性たちがモデルの「評価されている部分」を
褒めちぎります。

モデルが評価される部分は、一般に言うと、外見(容姿)ですね。
外見を褒められた、著名モデルは、こう思っているそうです。

「外見を褒められるのは当たり前(私のこと、分かってない)」と。

主人公は、そのモデルの「評価されていない部分」を褒めちぎります。
評価されていない部分とは、一般に言うと、「内面」(頭の良さや、性格など)ですね。
内面を褒められた、著名モデルは、こう思うそうです。

「内面を褒められるのは嬉しい(私のこと、分かっている)」と。

すでに評価されている部分を褒められるのは嬉しいです。
ただ、普段は評価されていない部分を褒められると、より嬉しい気がします。
この心理を利用しているのですね。

早速実践(ナンパじゃないですよ)。

仕事ができる(優れた記事を書く)ことで有名な記者に情報提供をするものの、
掲載の承諾を、なかなか得られないというシーンにおいて実践しました。

■筆者とマスコミとの会話

筆者  : 「ところで、●●さんは、何か趣味はあるのですか」
マスコミ: 「△△(スポーツ)をやっていたんですよね」
筆者  : 「どおりで体格がしっかりされて。女性にモテるんじゃないですか?」
マスコミ: 「いやいや、そんなことはないですよ(まんざらでもない様子)」
      ・
      ・(筆者の褒め殺しの会話が、何度か続く)
      ・
筆者  : 「(褒め倒したうえで)ところで、このネタを掲載できませんか」
マスコミ: 「何度も言う通り、そのネタの掲載は難しいね」

見事に、成果が出ませんでした。
やはり、仕事と仕事以外(プライベート)の話では、別の次元なのですね。
ただし、この記者とは仲良くなり、別のネタについて掲載してもらえました。
(結構、飲みにも誘ってくれます)

「相手が評価されていないところを評価する」。

記者との関係を強固にするうえでは、効果的かもしれません。

―――

【番外】男性社員の「恋愛工学」の実践結果

すみません、「恋愛工学」の実践結果について、
レポートを求めようとしましたが、まだ実践していませんでした。

一方で、この社員は「広報工学」(?)などを駆使し、
筆者の仕事を手伝ってくれるなど、とても助かっています。
(身内ネタで、すみません)

ご興味があれば、ぜひこの社員にPRのご相談をしていただければと思います。
「恋愛工学」の実践結果の報告も兼ねて、訪問させていただきます。