広報塾

【商用利用可】資料のクオリティを上げるための無料フォント

こんにちわ!
春になり桜が舞い散るこの季節、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

4月と言えば、新入社員の入社や人事異動など、みなさまの周りでも様々な新しい出来事が起こったのではと思います。
やはり年度初めもやる事がたくさん溢れており、作業によってはなかなか時間をかけれない事が多々あるかと思います。

前回に引き続き、今回は、資料を作る際に便利かつ美しいフォントを私の個人目線にはなりますがご紹介したいと思います。

今回は基本無料かつ商用利用も可能なフォントをいくつか厳選してご紹介しようと思います。(2016年4月時点)

■資料を作る際に便利な商用利用可能な無料フォント

●「Noto Sans Japanese」フォント
http://www.google.com/get/noto/

ご存じGoogleとイラストレーターやフォトショップで激烈有名なadobeがタッグを組んで共同開発したフォントです。
自分自身も使っておりますし、スタッフにもおすすめしている一品。

かなり綺麗なデザインの上に、文字も見やすく、文字の太さも7種類くらいあるので、特に困る事もありません。
ライセンスもかなり自由度が高く、商用利用はもちろん可能ですし、さらにはカスタマイズして再配布してもOKという素晴らしいフォントです。

日本語以外の言語にも対応しているので、フォント選びで迷ったらこれひとつ入れておくと、他との差別化も図れるのでおすすめです。

●「IPAフォント」
http://ipafont.ipa.go.jp/

独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) が発行しているフォントです。
こちらもかなりおすすめのフォントです。
ちなみにIPAは「情報処理技術者試験」などを開催しており、知っている人にはかなり有名な協会です。
私も学生時代によくお世話になりました。

こちらも無料とは思えないほど、綺麗なデザインの上に文字も見やすく、ライセンス自由度もかなり高いです。
商用利用はもちろん可能、カスタマイズして再配布もOKです。

明朝体とゴシック体の両方あるので、両方とも、またはよく使う方を入れておくと良いと思います。

ちなみに、ほのかプロジェクト様がIPA明朝フォントに加工を加えて作られた「ほのかフォント」も柔らかな形で個人的にはおすすめです。

●「ほのか明朝」
http://font.gloomy.jp/honoka-mincho-dl.html

●「刻フォント」
http://freefonts.jp/

上記は、漢字がやや大きめ、平仮名とカタカナはやや小さめにデザインされているので、文字を並べた時の統一感が素晴らしく美しいフォントです。

こちらも無料かつ商用利用が可能です。

また、明朝体とゴシック体の両方あるので、両方とも、またはよく使う方を入れておくと良いと思います。

いかがでしたでしょうか。

新年度も始まり、忙しいこの時期。皆様もぜひ資料のクオリティをあげるために、ひと味違ったフォントを試してみてはいかがでしょうか。