LINE元社長森川氏の書籍出版に込められた想いを予測する

情報収集は、ビジネスパーソンにとって
仕事上欠かすことのできない作業のひとつですが、
皆さんは情報のインプット、どのように行っていますか。

筆者の場合は、PR会社という仕事柄、メディアには
ルーティン化して接触するようにしています。

例えば、起床時にラジオ、通勤電車ではビジネス誌オンライン記事、
社内では新聞や新刊雑誌をチェックし、
帰宅後は録画しておいたTVのドキュメント番組といった具合です。
また書店での新刊チェックなども行っています。

さて最近、書店で印象的な書籍に、


元LINE社長、森川亮著「シンプルに考える」(ダイヤモンド社)

が、あります。

森川社長の場合は、今最も旬な企業のひとつLINEの元社長であることや、
新たに起業した女子のための動画ファッションマガジン、
C CHANNELを立ち上げたということもあり、
かなりのメディア露出している影響もあるのでしょう、
ビジネス書のベストセラーに入っています。

ところで、社長の書籍出版というのは、もちろん大手企業社長に限られたものではなく、
中小企業や個人事業者やコンサルタント、士業の方々などでも、
その会社、その人独自の考え方やユニークな経歴などを書籍という形でまとめることで、
インタビューや記事掲載獲得による知名度の向上により、
その後会社の業績UPにもつながっていくということは、珍しい話ではありません。

手前味噌で恐縮ですが、弊社ではこれまで200冊以上の企業の経営者、
医師、コンサルタント業の方々の商業出版プロデュース(自費出版ではなく)を
お手伝いしてきました。

また、出版後のPR施策として、著者交流会/セミナー事業などを実施しています。

最後に少し前の記事ではありますが、これまで弊社社員ブログで書き綴ってきた、
書籍出版に関する、興味あればぜひご参考ください。