変化球でメジャーポータルサイトに露出する裏ワザとは?

こんにちは。
年始から成人の日にかけて、着物の女性を目にする機会がありましたが、
艶やかで目を惹きましたね。
毎年、成人の日に関する内容が報道されていますが、
今年は混乱した成人式の報道はほぼなく、
各種成人の日のイベント報告が内容の大半を占めていました。
近頃はタイムリーな情報をテレビや新聞ではなく、
WEBサイトから得る方が非常に増えてきています。
その際に活用されているのが、
Yahoo!JAPANやexcite、MSNなど
日々の情報を提供する様々なポータルサイトです。
移動時間、パソコンを開いたら…様々なシーンでポータルサイトを使い、
ニュースチェックをすることが習慣化している方も多いのではないでしょうか?
「Yahoo!で見たんだけど、知ってる?」なんて会話も耳にしますよね。
では、今や最も身近な情報源となったポータルサイトに情報を載せるには、
どうすればよいのでしょうか?
プレスリリースを送る?電話で売り込む?
残念ながら、どちらとも有効な手段ではありません。
あるルールを持つポータルサイト。
掲載に導く為の手法を以下でこっそりとお教えしたいと思います。


今回は、ポータルサイトの最大手であるYahoo!JAPANを一例として挙げてみたいと思います。
Yahoo!JAPANを始めとするポータルサイト、実は下記のようなルールがあるんです。
◆プレスリリースを受け付けない
◆独自に記事を書かない
では、どうすればYahoo!ニュースに掲載してもらえるのか?
取り付く島がないじゃないか!というお声が聞こえてきそうですが…
全く方法がないわけではありません。
下記特徴を利用することにより、実際に私が担当しているクライアントを
Yahoo!ニュースに露出させ、多くの反響を得ることに成功しました。
◆提携メディアからニュースの提供を受け、転載する
直接的なアプローチができないYahoo!JAPANに対する打開策は、
直球ではなく変化球なのです。
まずはYahoo!JAPANと提携しているメディアに掲載してもらい、
その記事が転載される仕組みです。
ただ!提携メディアには簡単に掲載してもらえるのか?それはそれで、
決して簡単なことではありませんが…
より効果的なプレスリリースの作成、メディアとの太いパイプ等々、
弊社ならではの企画力やノウハウがございますので、
メジャーポータルサイトに露出し、
多くの人に「会社を知ってもらいたい」「サービスを知ってもらいたい」
そうお考えの方がいらっしゃいましたら、是非1度お気軽にご相談頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です