YouTubeのチャンネルを開設しよう

こんにちは。
桜の季節も終わり(まだ一部では咲いておりますが)
だいぶ暖かくなってまいりました。
もう春まっさかりという感じですね。
みなさま体調はいかがでしょうか?
たまに寒い夜もございますので、
みなさま充分にお気をつけていただけると幸いです。
さて、最近私の周りでよく聞くのが、
YouTubeのチャンネルを立ち上げたいという話が出てきます。
近年、スマートフォンやiPadの普及により、
YouTubeを見る機会がより増えているのは、
実感しているかと思います。
私も以前は電車内でYouTubeを見るという事などなかったのですが、
今は電車どころか登山の途中ですらYouTubeを見てしまいます。
また、文章では伝わりづらい内容であっても、
動画であればスムーズに把握できるため、
忙しい時の時間短縮にも一役買っております。
例えば、会社の紹介や扱っているサービス内容などを
動画で紹介していれば、
文章より格段に閲覧に対するハードルが低いので
ついつい見てしまいます。
また、グローバルに展開されている企業様であれば、
世界中からアクセスできるYouTubeに
自社のチャンネルを立ち上げ、
動画ニュースやコンテンツを配信する事は
コミュニケーション戦略上、外せない事かと思います。
とはいえ、YouTubeにチャンネルを開設しようにも
まず何から準備すれば良いのかという企業様も
なかなか多いと思います。


そこでチャンネル開設に必要と考えられるものを
いくつか下記に記載しておきます。
【開設に必要な素材・情報など】
●チャンネルタイトル
(企業名や○○ニュースなど、
コンテンツに沿ったタイトルが良いでしょう。)
●背景画像
(必須ではありませんが、背景が入ると見た目が
とても好印象なデザインになります。)
●アカウント用のアイコン画像
(こちらは企業ロゴで良いでしょう。)
●プロフィール情報
(簡単な自社紹介とチャンネルの説明で良いでしょう。
自社サイト、フェイスブック、ツイッターなどの
アドレスも入れて、アクセスを最大限に有効活用しましょう。)
●検索タグ
(動画検索用なので、自社サイトのSEOで使っている
キーワードを入れても良いでしょう。)
●動画データおよび動画タイトル
(動画内容が思いつかない場合は、サービス紹介を行う事から始めてみましょう。
動画のアップは高画質なデータにも対応しているので、
なるべく綺麗なものがおすすめです。
タイトルは公式データであれば【公式】と書いて
他の動画との差別化を計った方が良いでしょう。)
●再生リスト
(動画が多くなってくると、シリーズでまとめる作業が必要です。
動画数が10本以上になってきたらぼちぼち用意しても良いと思います。)
いかがでしょうか。
上記は企業がチャンネルを持つ上で必要だと思うものをあげているので、
個人の方はもう少し気楽に作成出来ると思います。
ぜひ皆様も意識して作成してみてください。
また、上記を含めたコミュニケーション戦略でお悩みの際は
弊社までご相談いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です