春の番組改編とテレビPR

こんにちは。
3月に入り、暖かい日が増えてきましたね。
重度の花粉症の私にとっては、メガネとマスクが欠かせない
苦しい日々の始まりです。
さて、TVプロモーターの私がこの時期最も注目しているのが
「番組改編」です。
「番組改編」とは、既存の番組が終わり新番組が始まる
切り替わりのことです。
テレビ業界では3か月を「1クール」としており、
1月・4月・7月・10月の年4回、この「番組改編」が行われます。


なかでも4月は最も大きな改編期であり、現在多くの番組制作スタッフが、
今の担当番組と新番組の準備で大変な思いをしていることと思います。
私もTVディレクター時代に何度か新番組の立ち上げを経験しました。
そこで今回は、テレビPRの視点から今期の「番組改編」について
語りたいと思います。
すでにいくつか新番組の情報が発表されていますが、
今期の目玉は「午後の情報番組戦争の復活」だと思います。
もともと午後2時~4時は、各局生放送のワイドショーや情報番組に
力を入れている時間帯でした。
私も十数年前はこの時間帯の情報番組でADをやっていました。
ですが数年前から情報番組は姿を消し、最近この時間帯はドラマの
再放送枠になっています。
その要因は「テレビ離れ」と「制作費の削減」だったのではないか、
と私は思っています。
通常、デイリーの2時間の情報番組を制作するには、
100人近いスタッフを雇う必要があり、ロケや編集など莫大なお金が
かかりますが、ドラマの再放送なら費用をグッと抑えることができます。
ですが今この時間帯の視聴率は、唯一生放送で勝負している
日本テレビ系列の「情報ライブ ミヤネ屋」が一人勝ちしています。
その影響は夕方の報道番組にも及んでおり、同局の「news every.」も
連日一位を獲得しています。
昼の時間帯の主な視聴者である主婦は家事をしながらテレビをつけていて、
夕方までチャンネルを変えることなくそのまま、という方が多いためです。
つまり昼の時間帯を制することは、夕方の時間帯を制することにも繋がるのです。
そんななか、フジテレビが4月からこの昼の時間帯に情報番組
「直撃LIVEグッディ!」をスタートさせることを発表しました。
またTBSでも現在中部地方で放送中の情報番組「ゴゴスマ!」を
全国ネット化することが一部で報じられています。
この2つの番組が日本テレビにどこまで迫れるのか注目したいと思います。
また今回の番組改編では、その他の時間帯でも新たな情報番組が
スタートすることが発表されています。
情報番組は流行・トレンド・グルメ・施設・グッズなどの最新情報を
取り上げる機会が多くあり、テレビPRにとって、
最も取り上げてもらえる可能性が高い重要な番組です。
例年以上に情報番組が増えるこの春の改編は、テレビPRにとって
大きなチャンスと言えるのではないでしょうか。
皆様もテレビPRをお考えの際は、ぜひ弊社にご相談いただければ幸いです。

■PRマガジンを運営しているコミュニケーションデザイン社への資料請求