広報塾

テレビへの効果的な情報提供はコーナー選定が不可欠!

先週まではGWでしたね。テレビの報道を見る限り「働き方改革」の影響か、有給休暇が取りやすくなっているようで、9連休を取ってリフレッシュされた方も多いのではないでしょうか。

今回はPRパーソンなら押さえておきたいテレビ番組の情報・報道番組のコーナーを一部抜粋してご紹介させていただきます。テレビ局のスタッフは日々、膨大な数のプレスリリースを受け取っているので、意図のないリリース配信では担当者の手元に届かないばかりか、企業のイメージを下げてしまう恐れもあります。

コーナー分析がしっかりできていれば、担当スタッフの情報がなにもわからない状況でも「(番組名)御中」ではなく、「(番組名+該当コーナー)担当者様」というような配信が可能です。後者のような案内をすることにより、担当の手元に届く確率が上がり、露出につながる可能性も高くなるのでコーナーの分析は非常に重要です。

では、各ジャンルに分けてご紹介していきます。

テレビへの効果的な情報提供はコーナー選定が不可欠!
情報・報道番組ジャンル別コーナーをご紹介

【食・スポット系の情報の場合】

「話題のスイーツ」や「新スポット」などのテーマは情報・報道番組で最も取り上げられやすいテーマとなっております。このような情報は基本的にどの番組でも確度は高めですが、特によく行うコーナーを紹介いたします。

<日本テレビ>
・ZIP「BOOMERS」 
・シューイチ 「特シュー」
<TBS>
・王様のブランチ 「ブランチごはんクラブ」「コジドライブ」
<フジテレビ>
・めざましテレビ 「イマドキ」
など…

【社会問題に絡めた情報の場合】

こちらは夕方の報道番組に多く見られるテーマで「働き方改革」や「少子高齢化問題」のような社会問題と絡めることで企業の行っている取り組みを発信します。特に最新の情報がない状態でも効果的な”仕掛け”を作ることで露出を狙うことも可能です。

<日本テレビ>
・news every. 「ぷらまい」、「特集」
<TBS>
・Nスタ 「Nトク」
<フジテレビ>
・プライムニュースイブニング 「特報」
<テレビ朝日>
・スーパーJチャンネル 「17時台特集」 
など…

【その他ジャンルの場合】

情報番組のコーナーの中には、日によって幅広いテーマで情報を取り上げるようなコーナーもあります。こちらは「医療・健康」や「密着もの」など専門性の高いジャンルになると毎回特定のディレクターが担当しているパターンが多いので、似ているイメージの露出を確認できた際には「〇〇という回の担当ディレクターいますか?」と伺ってみるとより確度の高いアプローチが可能となります。

<日本テレビ>
・スッキリ「スッキリTOUCH」
<TBS>
・あさチャン 「あさトク」
・ビビット「ビビットプラス」 
など…

【終わりに】

とりあえず一通りの番組にリリースを配信するのは一つの手法なので良いと思いますが、まずは配信前に一度番組やコーナーを見て、自分の中で露出イメージを持つということが非常に重要となってきます。

弊社では、過去数か月さかのぼって番組の映像見られるデータベースや、テレビ専任のチームもあります。テレビに出たいけどなかなか番組を見る時間もないし、手法もわからないという方はまず一度お問い合わせいただければお力になれるかと思います。

※番組・コーナーに関しては2018年5月時点の情報となります。