「インタビュー掲載のコツ教えます」第2回:小学館 女性ファッション誌「Oggi」 シリーズ『仕事を楽しむ、自分を楽しむ』

こんにちは。新定番コーナー、「インタビュー掲載のコツ教えます」の第2回です。

「インタビュー掲載のコツ教えます」第1回:朝日新聞 朝刊be「フロントランナー」

2016.12.01

新聞や雑誌、WEBメディアには、さまざまな企業の社長・社員のインタビューが掲載・配信されています。なぜ今、このコーナーにこの人のインタビューが載ったのか。企業のPRをする側はつねにそれを意識してメディアに提案をしています。
そこで、ここ最近で掲載されたインタビュー記事を紹介し、コーナーの特性や傾向、時期的な背景を分析して掲載されるためのコツをお話ししたいと思います。

■インタビュー分析、第2回目は、小学館「Oggi」

・小学館「Oggi」 シリーズ『仕事を楽しむ、自分を楽しむ』

掲載日:2017年2月号(12月28日発売)
タイトル:美しく 気高く輝く「真珠」というエレガンスを世界へ
紹介者:株式会社ミキモト 海外戦略部 海外課 山本英美子さん(35)

働く女性の味方、最強の通勤ファッション誌として創刊から20年もの間アラサー女性に愛されてきたこの雑誌の中で、シリーズとして150回以上続く長寿コーナー「仕事を楽しむ、自分を楽しむ」。
毎号、アラサーの働く女性が登場し自身の勤め先や仕事内容はもちろんのこと、仕事を通した自分の人生観や働きぶりが紹介される人気シリーズです。

このシリーズに出ることで企業の認知向上はもちろんのこと、人(社員)を通して発信される「仕事のやりがい」や「仕事を通しての人生観」は企業価値を高めることに大いに貢献します。

この号で紹介されたミキモトの山本さんは結婚・出産・育児を経験しながらも、ミキモトの海外戦略の全線で働く女性。大学生時代に留学したフランス・パリで、一流ブランドが並ぶ一等地に見つけた唯一の日本ブランド「ミキモト」。その佇まいに感動し同社に入社。様々なライフイベントを乗り越えて走り続ける彼女の仕事観とは?仕事を通して見えてきた自分らしさとは?同シリーズでは、働く女性の人生に伴走する仕事観に迫ります。

■掲載のコツには、ある共通点が存在している

インタビュー 掲載のコツ教えます

◆人生と仕事の関わり方を見つけられるかが掲載のコツ

少し自慢をさせてください。私はこれまでこのシリーズで2人の女性の紹介を実現してきました。ちなみにこのシリーズに候補者として提案をした女性はこの2人だけです。広報を担当する皆さんにパブリシティの門戸の狭さを話すのは釈迦に説法ですが、このシリーズも「働く女性」であれば誰でも出られるわけでは決してありません。
今回のミキモトにお勤めの女性も、私が紹介した2人の女性も、実はある共通点があります。

それは、

①人生の節目ごとにどう仕事に向き合ってきたのかがとても明確であるということ
②人生経験や仕事以外の失敗経験がその後の仕事に活かされ結果が伴っていること

社員をPRするときには人生ストーリーと仕事観を重視する

読者(働く女性)にとって「等身大」であるけれども、自分の仕事と人生の関わり方をきちんと把握していることが、このシリーズにふさわしいと判断されたのではないかと分析しています。特別な資格やスキルが必要というわけでは決してありません。

どういう人生の節目があったのか。その後どう乗り越えていったのか。どう価値観が変わったのか。社員をPRするときには必ず人生ストーリーと仕事観を重視してみてください

ちなみにですが、私が編集部に提案をした2人のプロフィールシートは構成がほぼ同じです。PRしたい社員から何を聞き出して、何を資料に盛り込むのか、そのコツを知りたい方は是非、お気軽に弊社までお問い合わせください。